生鮮マグロの食中毒が多発 広がる寄生虫汚染の実態

ざっくり言うと

  • 生鮮マグロを食べた人が食中毒症状を発症する事例が広がっている
  • 原因として粘液胞子虫という寄生虫が疑われているが、野放し状態である
  • 日本産メジマグロの67%、日本産クロマグロの10%が汚染されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング