群馬大学病院の腹腔鏡手術問題 症状悪化の患者が再入院できず死亡していた

ざっくり言うと

  • 群馬大学病院第二外科で肝臓の腹腔鏡手術を受けた患者8人が死亡した問題
  • うち1人の患者が退院約1週間後に病状を悪化させて死亡していたとわかった
  • 救急外来を受診したが病院側は緊急入院させず、翌日に死亡が確認された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング