ジッパーの上を走り開閉するロボット、MIT研究者が開発 (動画)

写真拡大

衣服のジッパーをレールのようにして走り、開閉する小型ロボット ZipperbotをMITメディアラボの研究者が発表しました。人が着ている服のジッパーなど、平面上にない場合でもちゃんと機能します。動画は続きをどうぞ。

開発したのは米国マサチューセッツ工科大学メディアラボ パーソナルロボットグループのAdam Whiton 氏。Zipperbot はファッション・アパレルをテーマとした研究プロジェクト Sartorial Robots (仕立屋ロボット)の一部。

プロジェクトの趣旨としては、ファッションは人間に特有の社会的な営為であり、衣服を扱う技術へのロボットの応用を研究することは、人間とロボットの関わりを考える上で有用である云々と説明されています。

「ロボット」というよりは単にジッパーを開閉する自走式部品に近く、また動力も内蔵していないものの、すでに複数台の協調動作も可能とされています。

現時点での実用性はさておき、さらに洗練されれば防護服などグローブを付けた状態で操作せねばならないジッパーの開閉や、手先の運動に困難がある人の補助、背中を向けただけで手を貸してくれる相手がいない場合のドレスの脱ぎ着、スティッキィ・フィンガーズごっこなどに威力を発揮しそうです。開発者の本意は分かりませんが、「表向きの研究の意義と個人的にやりたいこと、両方やらなくっちゃあならないのがプロジェクトリーダーの辛いところだ」とでも思っているかもしれません。いずれにせよ、「ボタン......?ジッパー......?? 昔の服って手動で着なきゃならなかったんだ!」という未来のために発展してほしい分野です。