プロジェクション・マッピングの先鋭、ANTIVJオリヴィエ・ラツィは何を考えているのか

写真拡大

【2/15イヴェント開催】2月11〜15日開催されている「Media Ambition Tokyo(メディア・アンビション・トウキョウ)」。3回目となる今回は、東京全7カ所の会場を巻き込んで数々の展示・トークセッションが繰り広げられているが、最終日には気鋭の映像集団、ANTIVJの共同設立者・オリヴィエ・ラツィが登場する。

オリヴィエ・ラツィ|OLIVIER RATSI
1972年仏パリ生まれ。ヴィジュアルアーティストで、2007年、映像集団「ANTIVJ」を共同設立。いわゆるプロジェクション・マッピングの領域を拡張する作品をつくり続けている。彼らANTIVJについては、WIRED.jpの過去記事(「進化するプロジェクションマッピング。気鋭の映像集団「ANTIVJ」が最新ヴィデオを公開」「サボテンが動く光のオブジェに! ANTIVJのプロジェクションマッピング最新作」)でも。上記動画はオリヴィエが手がけたインスタレーション「Onion Skin」のティザームーヴィー。http://www.ratsi.com/

「プロジェクション・マッピングの先鋭、ANTIVJオリヴィエ・ラツィは何を考えているのか」の写真・リンク付きの記事はこちら

最先端のテクノロジーカルチャーを実験的なアプローチで都市実装するリアルショーケース──。

2013年から開催されている「MEDIA AMBITION TOKYO(メディア・アンビション・トウキョウ:MAT)」。今年は猪子寿之(teamLab)、齊藤精一(Rhyzomatiks)、谷川じゅんじ(JTQ)を迎えたセッションを皮切りに、13日、15日と魅力的なトークセッションが行われている

関連記事:2013年、14年開催の様子

15日に行われるセッションに登場するのは、欧州を拠点に世界的に活動するヴィジュアル・レーベル「ANTIVJ」の共同設立者、オリヴィエ・ラツィ。VJ、映像インスタレーション、照明などにおいて、ヴィジュアル・アート表現の新たな領域に挑戦し続ける彼のクリエイティヴに、弊誌編集長が切り込む(詳細・申し込みはこちらから)。

空間知覚に関する取り組みや、建築物へのプロジェクション技術、さらにアナモルフォーシスとマッピングを使ったプロジェクトについて理解を深める、濃密な時間となるはずだ。

MATではトークセッションのみならず、最新のメディアアートの現場を見て、触れることができる。

「MAT Lab.」と銘打ち、ヴィジュアルデザインスタジオ「WOW」とクリエイティヴプラットフォーム「SANDWICH」が常駐し“オープンラボ”化された六本木ヒルズや、東京ミッドタウンに設けられたスケートリンク、INTERSECT BY LEXUSなど全7会場で展開されている。

MEDIA AMBITION TOKYOコラボレーション企画
トークイヴェント「ヴィジュアルアートはジャンルではない」
〜オリヴィエ・ラツィ(ANTIVJ)の仕事

出演:オリヴィエ・ラツィ(AntiVJ)、若林恵(『WIRED』日本版編集長)

日時:2015年2月15日 19:00〜

場所:IMA CONCEPT STORE(場所〈Google Map〉

参加費:一般1,500円 (雑誌『IMA』定期購読会員:1,200円)

主催:IMA CONCEPT STORE

共催第4回「デジタル・ショック」

>>詳細・申し込み

公式サイトFacebookページ|Media Ambition Tokyo

TAG

AntiVJEventMedia Ambition TokyoProjection Mapping