小保方晴子氏、マウスを使ったSTAP細胞の実験で申請手続きせず

ざっくり言うと

  • 小保方晴子氏が一昨年、必要な申請をせずマウスで実験していたとわかった
  • 論文の共著者で、昨年8月に自殺した笹井芳樹氏が手続きを怠っていた
  • STAP細胞に関する実験で、得られたデータは細胞の存在する根拠の1つだった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング