『セックスのすすめ』(双葉社)

写真拡大

 昨年、日本史上最小を記録した出生数。「2014年の人口動態統計」(厚生労働省)によると、昨年1年間に生まれた子どもの数は、前年から7000人減の約103万人だった。そもそも、それ以前に性への関心も薄くなっているといい、「第14回出生動向基本調査」(国立社会保障・人口問題研究所)によると、18歳から34歳までの女性の39%が処女、男性の36%が童貞だというデータも出ている。

 国にとっては由々しき事態かもしれないが、こうしたデータが出ると「セックスの歓びを知るべき」「性の感動を知らずに死ぬつもりか」などと説教を垂れる輩が得てして現れるもの。処女だろうが童貞だろうが他人に何の迷惑もかけていないのだから「ほっといてくれ」という話なのだが、そんななかでも、とりわけ鼻息荒く「セックスをしなさい! これからの日本を担っている若い世代に提唱したい」と吠えている男がいる。昭和18年生まれ、これまで2000本もの作品を生み出した70歳超えのAV監督、ヘンリー塚本氏である。

 塚本監督は最近、著書『セックスのすすめ』(双葉社)を出版し、「今、女のオマ◯コを愛おしく思える男が少なくなってきている」「若い人の間では『気持ち悪い』『グロテスクだ』などと忌み嫌う傾向もある」と憂えているのだ。その理由のひとつにあげるのが、ネット上での無修正女性器の氾濫だ。

「童貞は苦労しなくても、未知なる生き物だったオマ◯コの正体が分かってしまう時代である。しかも、それは自分の手の届かない、まったく現実味のない女のオマ◯コである」
「どこの誰とも知らない、ましてや自分の力で手に入れたわけでもないオマ◯コばかり見ていては、生身のオマ◯コへの愛情も湧き上がってこない」

 いや、そこまで神格化して固執されても困るんですけど......という女の声は、齢70歳超えの塚本監督には届きそうにない。塚本監督といえば、ノスタルジックな昭和の風景を盛り込んだ作品で知られるが、実際に彼のオマ◯コとの出会いは、それはそれは衝撃的なものだったらしい。

 ある日、童貞の塚本少年は、隣家に住む人妻が庭先で洗濯物を干す場面に出くわす。すると風が吹き、一枚の布が物干し竿から落ちたそのときだった。

「人妻が前かがみになり、布を拾おうとした瞬間、私の胸はひどくときめいた。一瞬であったが、肉感的で白い太ももが見えて、さらに着物の奥に秘められていた黒いヘアがチラリと目に飛び込んできたのである」

 そんなフランス書房の官能小説のような人妻エロスが現実にあったのか!?と驚いてしまうが、当時の女性は着物の下に下着をつけないのが通例。かねてから塚本少年は彼女のオマ◯コに興味津々だったこともあり、しばらくは勉強も手につかないほど、オマ◯コが目に焼きつて離れなかったという。さすがは昭和の童貞。それが隣のおばちゃんだろうが、もはやオマ◯コなら何でもよさそうだ。

 しかし、どうやら昭和の女性は、おばちゃんでも崇めたくなるオマ◯コをもっていたのだという。塚本氏は、うっとりと「昭和の女たちは、セックスの匂いがした」と回想する。

「汗や唾液、愛液といった『体液』の匂いのことだ。たとえば農家の女などは真夏の炎天下、竹で結った大きな籠をしょって、額や首筋に汗びっしょりかきながら、田んぼや畑で働いていた。(中略)そういう農家の女と畦道ですれ違うたび、なんとも言えない気恥ずかしさとトキメキを覚えた」

 男女問わず、衛生に神経質すぎてボディミストや柔軟剤を多用する現代人には信じられないかもしれないが、「女の汗の匂いは男のそれとはまた違い、どこかほんのちょっと甘酸っぱいような、とても欲情そそる匂い」なのだと塚本氏は言う。いや、汗から酸っぱい匂いがするのは男も女もなく、エクリン腺から出ているからなだけだと思うが。

 このように昭和の匂いフェチである塚本氏だから、当然のように"アソコの匂い"にもうるさい。現在は行為前にシャワーを浴びるのは常識の域だろうが、昭和は「たらいの水や川でさっと洗い、手ぬぐいで水滴を拭く程度」だったことから「当然、"性器臭さ"は残る」。だが、その匂いこそ「セックスした仲でしか知らない、特別な匂い、味」だったという。なるほど、知り合いの風俗嬢に聞くところの「おっさんほど"洗っていないマ◯コ"にこだわる」現象には、そういった背景があったのか。

 塚本氏によると、体臭だけではなく、「昭和」の生活スタイルそのものが淫靡な性の匂いを放っていた、という。いまの生活スタイルは核家族が主流であるのと違い、かつてはたいてい大家族で、何世代もが一緒に暮らしていた。つまり、家族全員が留守になる瞬間はないに等しく、家でセックスする場所がなかった。となると、ヤル場所はひとつ。そう、野外だ。塚本氏も、当時の思い出を語る。

「近くに住む新婚夫婦が毎日、夕暮れ時になると、2人で裏山に向かうのである。私と兄弟は山に向かう夫婦を見かけると、あとを追いかけたものである。(中略)2人がヤッていたと思われる場所に新聞紙が丸めて捨ててあり、中から何ヶ月分もの使用済みコンドームが山ほど出てきて、なんとも猥褻な気持ちになったものだ」

 数年後、塚本氏も念願の山中セックスを体験するのだが、そのとき女性のいつも以上の乱れっぷりを実感したらしい。そこで塚本氏は現代カップルにも「自然と一体化した気分になれる」という野外交尾を楽しみ、動物の本能を取り戻すことを推奨するのだが、ここまでいくともはや変態である。

 そして、戦時下ではさらにセックスこそ至上の悦びであった、と塚本氏はいう。いつ死ぬかわからない状況下にいた男女たちは、「太陽の届かない防空壕の中でも性交に浸っていたという。それも、何度も果てることなく女の膣内に射精し、飽きることなく、女の体を撫でまわしていた」らしい。

 同様に、常識では考えられないセックスも横行。なんと、近親相姦も少なくなかったというのだ。しかも、「妹がかわいくてしかたなくて、ついつい......」などという薄っぺらい設定など笑止千万。事態はもっと切羽詰まったものだ。

「息子に『赤紙』が届くと、出兵兵士として戦地に駆り出された。もう二度と故郷に戻って来られないかもしれない。そのとき、まだ女を知らない息子がいたら、なんとかしてやりたいと思うのが、家族の心情だ。女も知らずに戦地に向かう息子のために、母親や姉、妹が操を捧げるといったことが、実際にあったのだ」

 この話が嘘か本当かはわからないが、本当ならなおさら戦争には巻きこまれたくない、と切に思う。親に男兄弟とのセックスを強要される姉や妹、母親から迫られる息子......そこにはエロもロマンも、セックスの大前提である選択権さえない。

 塚本氏の言い分は、こうだ。

「戦中・戦後間もない混乱期。日本人は、現代よりずっと貧しくて、苦しかった。それでもあの時代、私が見てきたかぎり、多くの日本人が性を謳歌していた。そうしないと、やっていけなかったのだ」

──彼からみると、現代の若者は性を謳歌していないと映るのだろう。実際、その通りなのかもしれない。でもそれは「それでもやっていけるから」だ。だいたい、セックスほど押しつけられれば押しつけられるほどやる気を失うものもない。スペルマのごとくたぎる想いがあることは十分伝わるが、若者にとってこの説教は、ちょっと濃すぎるのかもしれない。
(林グンマ)