「平成の大横綱」としての信頼を取り戻せるか(画像はブログのキャプチャ)

写真拡大

史上最多33場所目の優勝を果たした横綱・白鵬をめぐる批判的な報道が続き、一部ファンの間では「朝青龍化」してきたという声が広がっている。

10年の野球賭博問題、11年の八百長問題と不祥事が続いた時期を1人横綱として支えただけに、今の姿を残念がるファンは多い。

記者らに「なにっ!」と声荒げる

横綱審議委員会をはじめ、好角家らから非難を寄せられるきっかけとなったのは、初場所13日目の稀勢の里戦だ。白鵬が寄り切ろうとした土俵際、稀勢の里が小手投げを打ったところ、軍配は横綱に上がったが物言いがついて取り直しになった。結局は勝ったものの、場所後に「子どもが見ても分かる」と記者らに不満をぶちまけた。

謝罪は審判部へ直接行わず、出演したテレビ番組で「多くの人々にご迷惑をかけ、また心配をかけ、お詫びしたいです」と述べるにとどめた。2週間後の日本大相撲トーナメントの支度部屋では記者らに背を向けて髪を結い直し、帰り際、謝罪に関する質問が出ると、「なにっ!」と声を荒げたという。

最近はよくない報道ばかりが続いている。素行不良で角界を追われた先輩モンゴル人横綱になぞらえて、「朝青龍化」してきたという声が好角家の間で広まっているようだ。

「白鵬が段々、朝青龍化してきていて心配だな」
「一人勝ちしてると天狗になるのだろうか」
「このままじゃ舌禍で立場悪くする日もそう遠くないんじゃないの?」

という声がツイッターなどに寄せられている。

擁護するのは朝青龍だけ?

白鵬の素行については、実はこれまでもたびたび指摘されている。取り組みでの強引なかち上げはプロレス技かと揶揄されたり、執拗なダメ押しや懸賞金を受け取る際の手刀の荒っぽさが横綱の品格ではないと批判されたりしてきた。

これまでの積り重ねもあって、一連の騒動で白鵬を擁護する人はめっきりと減ってしまった。

「白鵬もう帰って来て欲しい!!前人未到!!つまらない事に意地悪されたら!!世界広いよ」

とツイッターに投稿した朝青龍の声が目立つくらいだ。