子供の死因に浴槽などを覗き込み「転落」する事故が多いと判明

ざっくり言うと

  • 積水ハウスのサイトを参考に、家の中での子どもの死因を指摘している
  • 1歳未満の乳児の場合は高所からの転落事故が多く、浴槽で溺れる場合も
  • 1〜3歳頃になると火傷や感電、4歳児以降は落ちてきたもので頭を打つ事例も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング