Mr.Children映画が好スタート、前夜祭は六本木ヒルズの動員記録更新。

写真拡大

2月7日に公開初日を迎えた、Mr.Childrenのファンクラブ限定ライブに迫った映画「Mr.Children REFLECTION」が好調だ。公開前日、6日(金)に行われたTOHOシネマズ 六本木ヒルズの全スクリーンをジャックした前夜祭イベントにおいても、動員記録を更新するなど大盛況だった。

本作は2月7日〜8日の全国興行収入ランキングにおいて、初登場第8位にランクイン。上位の1位〜7位の作品は、初日を迎えたばかりの「ミュータント・タートルズ」、ジョニー・デップ主演「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」など大規模公開の話題作や、「ベイマックス」「ANNIE/アニー」といった超大作が並び、これらの作品が300スクリーン〜600スクリーンの公開規模の中、100スクリーンに満たない公開規模の「Mr.Children REFLECTION」は、全国興行収入ランキング内でスクリーンアベレージ1位の興行成績を記録した。

ちなみに、TOHOシネマズ調べの週末ランキングでは、「ベイマックス」「ミュータント・タートルズ」につづき、第3位にランクインしている。 

また、公開前日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた前夜祭において、これまでに同会場をジャックして行われたイベントの中で、最大の動員数を記録するという快挙も達成した。当日はTOHOシネマズ六本木ヒルズを全スクリーン解放し、劇場内の装飾もMr.Children一色に。いち早く作品に触れたい熱い観客が上映の2時間以上前から押し寄せ、場内の装飾物を写真に収めるなど、映画館は開場直前のライブハウスのような熱気に包まれていた。

映画「Mr.Children REFLECTION」はTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開中。