高畑充希“シンデレラ”に変身、“王子”城田優と華麗な2ショット。

写真拡大

女優の高畑充希(23歳)と、俳優の城田優(29歳)が2月10日、都内で行われたディズニー映画「シンデレラ」のバレンタインイベントに登壇した。

この日、日本語吹替声優シンデレラ役の高畑と、王子役の城田がそれぞれの役柄さながらに、華麗な衣装に身を包んで登場。城田は金色の刺繍が施された深緑色のジャケット、白いパンツ、黒いブーツを見事に着こなし、誇り高さと気品を兼ね備えたその姿はまさに王子そのものだ。

そして、シンデレラが魔法で美しいドレスに身を包む世紀の名シーンにちなみ、“ビビディバビディブー”の掛け声で魔法の合図をおくると、黄金に輝くかぼちゃの馬車から高畑が瞬く間に登場。

胸元に蝶が降り立った美しい青色のドレスはまるで変身したシンデレラ。2人が並んだその姿は思わずため息がもれるほどの美しさで、衣装について聞かれた城田は「本当に劇中の王子のよう。着心地もとってもいいです。白タイツは滅多にはかないので恥ずかしい」と緊張気味に。一方、高畑は「緊張しますが、シンデレラは女の子の夢なので、幸せです」と笑みをこぼした。

今回、声優を務めることについて高畑は「最初はピンと来ませんでしたが、シンデレラの存在は大きかったので、アフレコ収録になってから鳥肌が立ちました。色んな人に自慢しましたね」と語ると、ディズニー声優になることが夢だった城田は「本当かどうか何度も確認しました。シンデレラはディズニーの代名詞。その王子も王子の代名詞であるので、光栄です」と高らかな気持ちを語った。

また、運命の王子を待つだけではなく、自らの手で運命を切り開くシンデレラの勇気について高畑は「シンデレラは芯の強さがあって、周りの人を一番に思いやれる勇気がカッコイイ。そんな人に私もなれたら」とコメントすると、城田はそんな女性の内に秘めた強さや勇気に「シンデレラのような上辺だけでない純粋な優しさや強さはとてもピュア」とまさに王子らしい一言を贈った。

アフレコの感想を聞かれると、城田は「リアルな世界観を表現するのは難しいこともありましたが、スタッフに支えられて挑戦しました。王子の代名詞的な役なので、優しさも強さもあるところを崩さないように家でも声を幾つか練習して、しっくりきたもので吹き込みました。自分の声は今でも不安ですが、高畑さんのシンデレラの声はすごく可愛かったです」と賞賛。

太鼓判を押された高畑は、「実際にその物語の中にいるようにお芝居したので、いい意味で集中してしまい、感情の波にあって、泣いてしまうこともありました」と振り返った。

さらに、バレンタイン直前であることから、高畑から城田へも魔法を使ったサプライズを披露。美しいガラスの靴の前に布をかざしながら“3、2、1、ゼロ!ハッピーバレンタイン!”と高畑が唱えると、ガラスの靴が瞬時にチョコレートの靴に大変身。城田は想定外の出来事に「すごい!どうやってやったの?チョコレートでできたこんなおしゃれな靴のプレゼントは初めて」と大興奮だ。そして「喜んでもらえてすごく嬉しい!」と楽しそうに様子を見守る高畑に「ありがとう。美味しくいただきます。ホワイトデー、楽しみにしていてね」と早くもお返しを宣言した。

バレンタインについて高畑は「毎年、大量にチョコレートを手作りしています。いつも父に贈っていますね」と、まさにシンデレラのようにお父さん思いのエピソードを披露したが、城田は「いつもスタッフやファンの方からいただいていますが、まだ本命までは…」と王子らしい悩みを打ち明けた。

最後には、映画を楽しみにしている人たちに城田は「ただのラブストーリーではなく、人間の強さや弱さ、日頃から感じていること、夢に見ていることがたくさん詰まった作品。大切な人と一緒に観てください」、高畑は「想像を超えてはるかに美しい映像。それぞれのキャラクター描写が素晴らしく、感情移入できます。観て良かったと思える作品なので、たくさんの方に観てもらいたい」とコメント。

2人揃って「日本中の皆さんがシンデレラを観てくれること」という願いを言葉にすると、会場全体は魔法の力で包まれたイベントとなった。

映画「シンデレラ」は4月25日(土)ロードショー。