U-22日本代表の最終ラインを統率する岩波。2月14日のシンガポール戦でのパフォーマンスに注目が集まる。

写真拡大

2016年のリオデジャネイロ五輪出場を目指すU-22日本代表は、来月3月27日に開幕するU-23アジア選手権予選(編集部・注/リオ五輪のアジア1次予選を兼ねる。日本が入ったI組はマレーシアで開催)に向け、2月11日から15日にかけてシンガポール遠征を実施する。
 
 選ばれたメンバー18人のなかで、手倉森ジャパンの主軸のひとりが岩波拓也だ。最終ラインの要として活躍が期待されているこの不動のCBは、遠征の直前まで所属する神戸の鹿児島キャンプに参加。現在のコンディションについて訊くと、「沖縄の1次キャンプでフィジカル的にけっこう追い込んだので、すごく良い状態でやれていると思います」と表情は明るい。
 
 今回のシンガポール遠征において、個人としては「まずはレギュラーを獲らないとダメだと思っていますし、せっかく(神戸の)キャンプを抜けていくので、試合(編集部・注/2月14日にはU-23シンガポール代表と対戦)に出たいです」と意気込む。
 
 一方、チームとしては「オリンピックの予選を来月に控えていて、もちろんメンバー選考は監督が決めることですけど、今回はシンガポールに行って、暑さや湿度など(マレーシアと)似たような気候を経験できる。良いシミュレーションができればいいなと思います」としたうえで、「やっぱり代表は結果を出さなければいけない。そういうところを全員が理解しながら、1次予選を見据えて大事な遠征にしたい」と勝負へのこだわりを見せた。
 
 戦術的な部分では、ベスト8で終わった昨年9月のアジア大会ではラインコントロールに苦心する姿が見られたが、「徐々に良くなってきています。アジア大会の時は少しラインが下がって、(準々決勝の相手)韓国にずっと押し込まれてしまった。でもこの前のタイ・バングラデシュ遠征ではそこがすごく改善されて、やりやすかった。手応えを掴みながらやれているので、継続してやり続けたいです」と自信を深めている。
 
 本人は“まずはレギュラーを獲らないとダメ”とあくまでも謙虚な姿勢を貫くが、冒頭でも記したように、この男の存在を抜きにして現在のU-22代表の守備を語ることはできない。なによりも、日の丸を背負ってプレーすることは「15歳からずっと代表に選んでもらって、チームではもちろんですが、代表のユニホームを着て試合ができるのもすごく楽しいし、幸せなこと」と感じている。
 
 代表としての自覚と責任感、充実感を胸に強く刻みながら、さらに高みを目指している。
「(代表でのプレーを)長く続けられるのは、難しいことですけど、やりがいも感じています。選ばれ続けたいし、A代表も自分のなかでは目標にしています。そこに1日でも早く辿り着けるように、まずはこのU-22代表で結果を出したい」
 
 揺れ動く日本サッカーの将来を担うべき20歳のさらなる成長と進化に注目したい。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)