日本サッカー協会は10日、11日からシンガポール遠征を行うU-22日本代表の参加選手に変更があったことを発表した。MF井手口陽介(G大阪)とMF矢島慎也(岡山)が負傷のため、代表を辞退。代わってMF吉野恭平(広島)とMF井出遥也(千葉)の2選手が追加招集されている。

 クラブの広報を通じて吉野は「U-22日本代表に選出されて光栄です。広島を代表して戦い、持てる力を発揮できるように精一杯、頑張ってきますので、応援をよろしくお願いいたします」と、コメントを発表。

 また、井出も「前回怪我で参加できなかったので、今回また代表に選出されてとても嬉しく思っています! 自分らしいプレーでチームの勝利に貢献し、成長して帰ってきたいと思います!」と、コメントを発表している。