U-15日本代表を率いるのは広島ユースで長年指揮を執った森山佳郎監督だ。実績十分の指揮官の下、2大会ぶりのU-17W杯出場を目指す。

写真拡大

 日本サッカー協会は2月10日、U-15日本代表候補トレーニングキャンプのメンバーとスケジュールを発表した。2017年に開催されるU-17ワールドカップ出場を目指して、今回が立ち上げのキャンプとなる。
 
 今回のキャンプは、東西2か所に分かれての開催となる。J-GREEN堺での西日本キャンプが2月20日〜23日まで、神奈川・馬入ふれあい公園サッカー場での東日本キャンプが2月27日〜3月2日まで行なわれる。
 
 チームを率いるのは、15年のU-17ワールドカップを目指したチームでアシスタントコーチを務めた森山佳郎監督だ。2002年から12年まで広島ユースの指揮を執り、数々のユース世代のタイトルを獲得。同時に多数のJリーガーを育成しており、ユース指導者としては国内屈指の実績を誇る。
 
 そんな森山ジャパンが、世界への第一関門として臨むのは、9月に行なわれるU-16アジア選手権予選だ。これを勝ち抜けば、2大会ぶりのU-17ワールドカップ出場を懸けて翌年に行なわれるU-16アジア選手権を戦うことになる。
 
●U-15日本代表候補 トレーニングキャンプ【西日本】(2/20〜23@J-GREEN堺)
 
【スタッフ】
監督:森山佳郎 コーチ:齊藤俊秀 コーチ(U-18):内山 篤(日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ) コーチ(U-18):木村康彦 GKコーチ:佐藤洋平
 
【選手】
GK
緒方翔平(スマイス・セレソンU-15)、長江裕真(名古屋U15)、藤元瑞樹(広島ジュニアユース)、谷 晃生(G大阪ジュニアユース)
 
DF
徳永悠大(磐田U-15)、福島隼斗(松橋中)、作田龍太郎(神戸U-15)、河井哲太(G大阪ジュニアユース)、監物拓歩(清水ジュニアユース)
 
MF
河原 淳(日章学園中)、篠田憲政(福岡U-15)、船越大夢(神戸U-15)、鈴木冬一(C大阪U-15)、工藤蒼生(仙台ジュニアユース)、瀬古歩夢(C大阪U-15)、菅原由勢(名古屋U15)、喜田 陽(C大阪U-15)、吉岡涼斗(ソレッソ熊本/JFAアカデミー熊本宇城)、出口大揺(清水ジュニアユース)、渡邊創太(愛媛ジュニアユース)、石川聖人(愛媛FC新居浜ジュニアユース)、粟野健翔(仙台ジュニアユース)、成瀬竣平(名古屋U15)
 
FW
石井快征(鳥栖U-15)、篠永雄大(FUT6)、日高智也(大分U-15)、服部航平(京都 U-15)、桂 陸人(広島ジュニアユース)
 
●U-15日本代表候補 トレーニングキャンプ【東日本】(2/27〜3/2@神奈川)
 
【スタッフ】
監督:森山佳郎 コーチ:齊藤俊秀 GKコーチ:佐藤洋平
 
【選手】
GK
高田侑真(宇治FCジュニアユース)、青木 心(JFAアカデミー福島U15)、石井 僚(上州フットボールクラブ高崎)、小久保玲央ブライアン(柏U-15)
 
DF
新井秀明(川崎U-15)、渡辺俊介(大宮ジュニアユース)、大桃伶音(浦和ジュニアユース)、草住晃之介(FC東京U-15深川)、若月 輝(新潟U-15)、本間至恩(新潟U-15)、白土大貴(浦和ジュニアユース)、池田 蓮(札幌U-15)
 
MF
江口 輝(HondaFC)、平川 怜(FC東京U-15むさし)、町田福人(NagoyaS.S.)、栗原秀輔(横浜ジュニアユース)、五十嵐新(新潟U-15)、鈴木駿之助(横浜ジュニアユース)、森田晃樹(東京Vジュニアユース)、田村祐二朗(JFAアカデミー福島U15)、遠藤正志(アンフィニMAKI.FC)
 
FW
池郄暢希(SSSジュニアユース)、山保璃空(コンサドーレ札幌U-15)、宮代大聖(川崎U-15)、山谷侑士(横浜ジュニアユース追浜)、三国ケネディ・エブス(青森山田中)、棚橋尭士(横浜ジュニアユース)、中村敬斗(三菱養和SC巣鴨ジュニアユース)、