後任監督探しは“数撃ちゃ当たる”? 5カ条無視、ウソだらけの日本サッカー協会

写真拡大

 日本サッカー協会が、迷走状態に入っている。先日、八百長疑惑のハビエル・アギーレ監督を解任し、新監督候補を発掘中の同協会だが、ヨーロッパから次々と監督就任のオファーを断る報道が流れている。その候補だったのは、チェーザレ・プランデッリ(元イタリア代表監督など)、クラウディオ・ラニエリ(元ギリシャ代表監督など)、グレン・ホドル(元イングランド代表監督など)、ワルテル・マッツァーリ(元インテル監督など)という、いずれもヨーロッパのトップを知る監督たち4人だ。しかし、霜田正浩技術委員長は「監督候補の数は片手に収まる」と発言したばかり。これが本当なら、残りの候補は一人になってしまうが、果たして無事に見つかるのだろうか?

「オファーを断った監督は、明るみに出ていないだけで、間違いなく4人以上いるでしょうね。そもそも、霜田技術委員長の候補が片手に収まるというのもウソだと思います。“仕事は順調に進んでいる”ということをアピールしたかっただけでしょう。それよりも、原専務理事が出した5つの条件の方が気になりますね」(スポーツライター)

 原博実専務理事が打ち出した5つの条件と言うのは“1つ目が、レベルが高い国の代表監督経験。2つ目、Jリーグ以上のレベルの指導実績。3つ目、日本をリスペクトし、日本の特徴を生かしたサッカーが実現できる人。4つ目、アジアの難しさを理解し、日本人スタッフと良好なコミュニケーションが取れる人。そして5つ目が、監督という激務に耐えうる人”だ。果たして、今回オファーを出した4人は、その条件をクリアしているのだろうか?

「いずれの項目も、受け取り方によったらクリアしているようには思えるのですが、普通に考えたら、まったくクリアしていません。まず、3つ目の“日本をリスペクトし、日本の特性を生かす”は、日本に理解のある監督という意味のはず。それを考えると、マッツァーリが1年だけインテルで長友を指導していますが、他の監督は日本には縁もゆかりもなく、理解しているとは到底思えません。もちろん4つ目の、“アジアの難しさを理解”というのも、無理ですね。ずっとヨーロッパに拠点を置いている監督たちですから、アジアのことなんて何も知りませんよ。正直、こんなにも雑に後任探しするとは思いませんでした。ファンからは『何もできないなら、早く引退してくれ!』『今の協会はウソしか言わないから、何も信じられない』などと、いまだに任命責任を全うしてほしいとの声が聞こえています」(スポーツライター)

 協会は、3月の親善試合に監督就任を間に合わせたいという意思を示しているが、無理に決めてはなんの意味もない。選手のため、日本サッカーを愛するファンのためにも、遅くてもいい、賢明な判断を願いたい。