楽天キレイドナビ

写真拡大 (全4枚)

 楽天と東芝は、両社共同で提供する基礎体温管理サービス「楽天キレイドナビ」で、「体温タイプ判定」と「ホルモンバランスチェック」機能の判定データを調査・分析し、その結果を発表した。

 「体温タイプ判定」機能では、一生理周期の基礎体温計測の結果から基礎体温グラフの形状を、「キレイ2層タイプ」「高温期じわじわタイプ」「高温期ギザギザタイプ」「低温期長めタイプ」「高温期短めタイプ」「高温期不明タイプ」の6つに分類。また、「ホルモンバランスチェック」機能では連続した三生理周期分の基礎体温データから判定した「体温タイプ」をもとに、女性ホルモンの状態を、健全な状態の「青信号」、乱れがちな状態の「黄信号」、要注意状態の「赤信号」の3段階で表示する。

 全体の体温タイプ別の分布を調べたところ、ホルモンバランスが整った理想的な状態である「キレイ2層タイプ」は、2014年7月〜9月に行った調査結果の35.3%から6ポイント下がる28.8%だった。また、最も多かったタイプは前回同様、高温期の体温が安定せず、体温が低くなる日がある「高温期ギザギザタイプ」で、全体の約47%となっている。

 年代別で体温タイプを分析した結果、25〜29歳の女性の半数以上が、高温期の体温が安定せず、体温が低くなる日がある「高温期ギザギザタイプ」であることがわかった。これは、前回調査結果から11ポイント上昇した。「高温期ギザギザタイプ」は、黄体ホルモンの働きが十分でないため、妊娠しにくい傾向にある。その原因は、ストレス、生活習慣の乱れ、血液循環が悪くなっていることが考えられている。

 年代別でホルモンバランスの信号を分析した結果、前回調査結果と比べて、「青信号」が全体で4ポイント減少し、ホルモンバランスが乱れがちな状態である「黄信号」の割合が全体で4ポイント増加。特に40〜44歳では、健全な状態である「青信号」の割合が6ポイント減少していた。