すでに飽和状態になりつつある、首都・東京。30年後の未来、この街はどうなっているのか。NHKスペシャル「NEXT WORLD」取材班は、新たな東京の設計図を探るために、アメリカの大手建築設計事務所、KPFのもとを訪れた。デザイナーの口をついて出た構想は、取材班が思ってもみないものだった。

デビッド・マロー|DAVID MALOTT
建築デザイナー。1998年、コーン・ペダーセン・フォックス(KPF)に入社して以来、さまざまなビルの設計を手がける。代表的なプロジェクトに、「上海環球金融中心」「香港環境貿易広場」「六本木ヒルズ・森タワー」などがある。©NHK 2015

「未来、人は「超高層建築」がつくる都市に住む」の写真・リンク付きの記事はこちら
WIRED、取材成果を独占公開!
現在、NHK(総合)にて放送されているNHKスペシャル「NEXT WORLD 私たちの未来」。『WIRED』では、番組の取材班が行った世界中の研究者や企業への広範な取材成果を、15回の連載記事として公開する(記事の一覧ページ)。今回は、第5回「人間のフロンティアはどこまで広がるのか」(NHK総合。2月12日〈木〉0:40より再放送が放送予定)より、超高層建築についてのレポートをお届けする。

「わたしの基準からすれば、東京はまだ人口の集中が足りませんね」

東京の印象を聞かれて、デビッド・マローはそう語り始めた。かつて日本の設計事務所で働いた経験ももつ彼は、日本人はもっと都市部に集中すべきだと主張する。

「昔、日本人は家族でひとつの地域に寄り集まって住んでいましたよね。しかし、いまやもうバラバラです。その原因は、経済活動にあるといえるでしょう。現在、日本で起きている問題を見てください。ほとんどが、単なる距離の問題じゃないでしょうか。高齢者が遠くに住んでいて、主婦は郊外の家にいて、夫は往復2時間をかけて通勤する。だったら、全部1カ所にまとめればいい」

マロー氏が考える未来の東京とは? そこで彼が持ち出してきた回答──それは、なんと高さ1,600mに及ぶ超高層ビルディング(ハイパービルディング)を建築して、その内部にひとつの「都市」をつくり上げるというものだった。

高層ビルに込めたメタボリストへの敬意

マロー氏はアメリカの大手建築設計事務所コーン・ペダーセン・フォックス(以下、KPF)のプリンシパルである。KPFは、六本木ヒルズの森タワーを手がけたことで日本でも広く知られるようになった、超高層建築の設計に強みをもつ世界的に有名な建築家集団だ。

最近マロー氏が参加した仕事のひとつが、上海の新しいランドマークとなった「上海環球金融中心」。あの「栓抜き」のような大胆なかたちは、強風対策の数値シミュレーション結果を見た氏が、最適な形態として判断を下したという。

マロー氏は、今回の全長1,600mのビルでも大胆な形態を構想した。今回、彼が考えたのは、細い板が台形状に組み合わさって、中を空けながら螺旋状にねじれて、徐々に先端に行くにつれて細くなっていく構造である。真ん中が空いているので、強風にも耐久性があるのだという。

そんな大胆な外観のビルの内部に、彼は都市機能の実装を計画する。本来は都市の平面に展開される、住宅地からオフィス、あるいはスーパーなどの商業圏を、0mから1,600mまでのすべての階へと、垂直方向に展開する。1つのビルの内部で生活を完結させようというわけだ。

こう聞くと、そんなビルに閉じ込められた生活は息苦しそうにも思える。だが、マロー氏はどんな超高層建築でも快適な空間を構築できるという強烈な信念を抱いており、それがブレることはない。

「わたしは今回、単に1,600mのビルを建てるのでなく、超高層の暮らしのあり方を示したいのです。これほどの高層階に住みつつ、開放感を抱くにはどうするか。住民が大気や光を浴びられて、裏庭ももてるというような…。自然とのつながりがなければ、クオリティ・オブ・ライフを感じられない人は多いですから」

そこで、彼は300mおきに空中庭園を築くことにした。実は、壁の立て方次第では高層階でも強風が入らない空間をつくることができると分かったのだ。その場所で住人たちは緑を眺め、眺望を楽しむ。さらに、上空1,000m以上の階には、雲の上から都市を見渡せる、パーティールームもつくる予定だ。

150210hyperbuilding02

TAG

ArchitectureBuildingCityFuture CityNext WorldNHK

150210hyperbuilding03

Image by 3D Focus

このビルを建てる場所は東京湾のど真ん中に定められた。実はこの構想は、日本の建築家・丹下健三の「東京計画1960」を意識している。

高度成長期の日本の建築家は、いかに都市の住宅問題を解消するかを考え抜いた。若き日の丹下健三が打ち出したのは、東京湾の上に一本の線を引いて、東京と千葉を結ぶ海上都市をつくる大胆な構想だった。

「このビルには、丹下健三たち日本のメタボリストへの、敬意を込めたいのです。この高層タワーの周りには、あらゆるサポートインフラを設けます。そうして相互ネットワークを強化して東京を環状都市に変えることで、湾を隔てた千葉県をつなぐのです」

マローが考えるユートピア

このマロー氏のハイパービルディングの構想には、彼の人間と都市の関係をめぐる“哲学”がある。

「ヨーロッパのルネサンスは、都市で疫病が流行してバラバラになった人々が、再び都市に戻ったことで起こりました。都市のような狭い場所に人間が集中するとアイデアの交換が始まり、“すごいこと”が起きるのです。文明の黄金時代は、ほぼ都市かその周辺で起こっています」

マロー氏にとっての高層ビルは、人間を一点に集中させて、都市をより濃密な場所にする手法に他ならない。そして、彼は来るべきユートピアを語り始める。

「私のユートピア構想は、都市を垂直方向に高層化することで、NYや上海などを人口の超過密地点にして、相互ネットワークを強化することから始まります。そして特定の地域の集中度を高め、それ以外はすべて自然に戻す。そうすれば、人間にとって欠かせない他人との交流と、自然との直接の触れ合いという、両方のメリットを得ることができます」

大都市圏に全人口を集中させて、それ以外の都市や街は放置するという話にも聞こえる。彼の考えはもしかしたら極論かもしれない。しかし、荒唐無稽な絵空事だと断ずることもできないだろう。マロー氏がデザインした、2045年の東京の設計図。私たちがそこから得るヒントは少なくない。

「アメリカもそうですが、国民を拡散させて国土の隅々まで掌握する政策は、もう持続不可能なところまで来ています。人類は、住宅や交通のインフラ収縮が将来計画の一環であると理解すべきだと思います。そこで良いお手本となるのがヨーロッパです。明確に都市クラスタが存在して、都市と都市の中間では農業に取り組んでいる。わたしたちは歴史をさかのぼって、持続可能な都市モデルを考えるべきではないでしょうか」。

現在放送中!
NHKスペシャル「NEXT WORLD 私たちの未来」

最先端の研究を続ける世界の科学者、企業などへの取材と、その研究をもとにつくられた近未来ドラマで構成。5回にわたり、ビジネス、医療、エンターテインメントなどの分野で日々出現する新たなテクノロジーをかみ砕き、紹介する。さらに、番組のテーマ音楽を手掛けるサカナクションが最先端の映像技術を駆使したライヴを行い、ライゾマティクスの設計による番組ウェブサイトとも連動して展開する予定(番組公式サイト)。

WIREDでは、取材班が追った内容を独占公開、全15回の連載記事をお届けする(記事の一覧ページ)。

全5回の放送内容
第1回 放送終了
「未来はどこまで予測できるのか」
第2回 放送終了
「寿命はどこまで延びるのか」
第3回 放送終了
「人間のパワーはどこまで高められるのか」
第4回 放送終了
「人生はどこまで楽しくなるのか」
第5回 2015年2月12日(木)再放送
「人間のフロンティアはどこまで広がるのか」

TAG

ArchitectureBuildingCityFuture CityNext WorldNHK