最近ではカラーバリエーションが複数から選べるカードも出てきてはいるが、基本、クレジットカードのデザインはひとつで、選択肢はない。だから使い勝手や機能はこのカードがいいけど、デザインはイマイチ……ということがある。デザインはそれほど気に入ってないけど、そもそもクレジットカードってデザインで選ぶモノじゃないし……。そう思って今まで使ってはいたが、好みも趣味も多様化したこの時代、もっと選ぶのが楽しくなるようなカードがあってもいいんじゃないの? と思ったら、ありました!

 それはファッションビル「丸井」が発行する「エポスカード」。通常のカードはシルバーとレッドの2種類だが、それとは別に「エポスデザインカード」というものがあり、発行料500円は必要なものの、なんと現在74種類の中からカードの券面デザインを選ぶことができる。

 1つのカードでこれほどバリエーションがあるのは日本中……いや世界中のクレジットカードの中でもこのカードだけだろう。さすがに74種類の全てを紹介することは難しいが、持っているとちょっと自慢になるような、ビジネスマン向けのカードデザインを選んでみた。

 まずは世界文化遺産に登録された「富士山」デザイン。世界的にも有名なので、海外で使用した時などに、「Oh, Mt.Fuji!」などと、喜んでもらえたりするとカードを出すのが楽しくなる。

16881128_P.eps16881173_P.eps
左から、No.340「三保の松原と富士山」、No.345「富士山と櫻」

 ベーシックな富士山デザインは「三保の松原と富士山」。手前に波、左手に三保の松原の緑、奥中央に優美な富士山が美しい姿を見せる。これからの季節なら「富士山と櫻」がぴったりだ。淡いピンクの桜と一緒に写ると、富士山が女性的に見えるのが不思議。

16807742_P.eps16881162_P.eps
左から、No.226「Mt.Fuji」、No.344「富士山と傘雲」

 個性的なところでは、黒と白のコントラストが迫力ある「Mt.Fuji」。雪が残る山頂をアップに、雄々しく猛々しい富士山が魅力的だ。そして「富士山と傘雲」は富士山にかかる雲が傘のように見える一瞬を狙った貴重なシーンだ。

16881139_P.eps16881151_P.eps16881140_P.eps
左上から、No.341「丸山の曙/丸山林道」、No.343「富士山遠望」、No.342「富士光彩」

 富士山は時間によってもいろいろな表情を見せてくれる。「丸山の曙/丸山林道」は朝、「富士山遠望」は日中、「富士光彩」は夕景を撮影したもの。シルエットの富士山は主張がやや控えめで、情緒深い。富士山好きだからついつい全種類の富士山デザインを紹介してしまったが、そろそろ富士山はお腹いっぱいと言われそうなので、次のデザインに移ろう。

16796418.eps16796544.eps16796463.eps
左上から、No.304「夕暮れの航空機」、No.315「パリ街並み」、No.309「マチュピチュ」

 世界を股に掛けたいビジネスマンなら「夕暮れの航空機」。夕日をバックに飛び上がる航空機のシルエットに、世界に飛び立つ自分の将来の姿を重ねてみるのもいいのでは? 自分が行きたい海外の写真もモチベーションが上がるはず。私の場合は「パリ街並み」や「マチュピチュ」。このほか「エポスデザインカード」には、エジプトのスフィンクス、イースター島のモアイのカード券面も用意されている。

16830645_P.eps16796393.eps
左から、No.299「Dolphin」、No.302Untitled

 世界を狙うビジネスマンにとって、1年の半分は日本で働き、もう半分はハワイでサーフィン生活なんていうライフスタイルにも憧れるのでは? そんな憧れライフを「Dolphin」やサーフィン姿を捉えたカードに托してみるのも良いかもしれない。

16807708_P.eps16796566.eps16807708_P.eps
左上から、No.222「満地球の出」、No.316「宇宙往還技術試験機(HOPE-X)想像図」、No.237「宇宙想像図」

 「世界なんて小さい。俺が狙うのは宇宙さ!」なんて上昇志向の高いビジネスマンなら、宇宙をテーマにした「満地球の出」や「宇宙往還技術試験機想像図」はいかがだろう。「宇宙想像図」はあくまで想像されている宇宙の形なので、「いずれどんな形か俺が見てやる!」という大いなる野望に充ち満ちたビジネスマンに持ってもらいたいものだ。宇宙レベルで考えるといかに自分が小さいかがわかるはず。悩んだ時に宇宙デザインのカードを見ていると、くよくよせずポジティブに考えられるというメリットもありそうだ。

 出張や接待などの支払い時に、他の人の目につくことが多いクレジットカードの券面デザイン。機能面で選ぶのはもちろんだが、自分の夢を託してみたり、お金を支払った時に話題になるようなデザインのカードを持ってみるのも楽しいのでは?

文/綿谷禎子