「これからよく相談する」

【ライブドア・ニュース 7日 東京】 ─ 全国知事会長選挙への出馬が注目される増田寛也・岩手県知事は7日午後の定例会見(ネット中継)で、浅野史郎・宮城県知事から出馬を促す電話があったことを明らかにしたが、「自分がふさわしいかどうか、周りの知事がどう思うか、これからよく相談する」と述べ、態度を保留した。

 増田氏は、次期会長の資質について「知事会をまとめるリーダーシップ、市長会や町村会との関係を維持すること」を挙げ、「誰かの推薦人になることは考えていない」と述べた。

 浅野氏は同日午前の定例会見で、知事会長選に増田氏を支持することを表明、「相当な数の知事が賛同してくれている」と話している。

 知事会長選は、今月10日に立候補が締め切られ、17日に選挙が行なわれる。【了】

ライブドア・ニュース 常井健一記者