声の出演はは実写作品と同じ配役

写真拡大

「Love Letter」、「スワロウテイル」などで知られる、岩井俊二監督初の長編アニメーション映画「花とアリス殺人事件」が、2015年2月20日に、全国の映画館で公開される。

2004年公開、実写版の前日譚

04年に岩井俊二さんが原作・脚本・監督の3役を務めた実写映画、「花とアリス」の前日譚となる物語。主人公の2人、花とアリスの出逢いのエピソードが描かれた、完全オリジナルストーリー。

声優は実写映画と同じ、「花」役を鈴木杏が、「アリス」役を蒼井優が担当。アリスの母親役に相田翔子、父親役に平泉成、花の母親役にキムラ緑子、バレエ教室の先生役に木村多江ら、実写作と同じ配役の、豪華な俳優陣がキャスティングされている。

実写作「花とアリス」公開時のポスター、新しいアニメ作品のポスター、岩井監督直筆の絵コンテ、バレエシーン、それぞれを縮刷したプレミア・ポストカード4枚組つき前売り券(1400円、税込)が発売中。

公開に合わせ、オリジナルサウンドトラック「fish in the pool」も2月20日にリリースされる。岩井監督の音楽ユニット「ヘクとパスカル」が手がけた全20曲が収録される。価格は2000円(税別)。