福田正博フォーメーション進化論

緊急特集「よみがえれ! 日本サッカー」(2)
【福田正博が提案する「35分の1からの脱却」前編】

 日本代表は監督が交代することになり、誰が次の監督になるかに注目が集まっている。代表強化に直結する事案だけに、話題がそちらに移ることは仕方がないが、アジアカップの敗因をしっかり考察し、課題を見つけて改善することを疎(おろそ)かにしてはならない。それこそが、日本サッカー全体が前進していくために重要なことだからだ。

 では、なぜ連覇を狙ったアジアカップでUAEに敗れたのか(1-1。PK4-5)。

 試合内容に限れば、アジアカップ期間中に最も安定した戦いを見せたのは日本代表だった。グループリーグ、決勝トーナメントともに圧倒的な力の差を見せた。

 それでも準々決勝で敗れたのは、決定力不足に尽きる。UAE戦で日本が放ったシュートは35本。だが、シュートがゴールマウス内に飛ぶことはほとんどなかった。UAE戦だけではなく、グループリーグ初戦のパレスチナ戦(4-0)、2戦目のイラク戦(1-0)、3戦目のヨルダン戦(2-0)でも決定的なチャンスを外すシーンが多く見られた。

 1、2戦目でゴール数を稼いで得失点差を増やすことができなかったことで、3戦目もベストメンバーで臨まざるをえなくなり、日程の厳しい大会で疲労が蓄積した。その結果、コンディションを落とすことを招いたといえる。

 サッカーでは相手を一方的に押し込みながらも、得点が決まらないことがある。ただし、そうした試合展開では、相手ゴールキーパー(GK)がビッグセーブを連発しているものだ。たとえば1996年アトランタ五輪で日本がブラジルに勝利した時は、日本のGK川口能活が何度となくビッグセーブを見せた。

 しかし、UAE戦では相手GKが活躍したわけではなかった。ビッグセーブで防がれたシュートは1本もなく、PK戦もGKが止めたわけではない。ここから浮かび上がるのは、日本代表の決定力不足はシュート精度の低さに原因があるということだ。

 シュート精度を高めるには個々の選手が練習し、技術を磨き、確率を向上させなくてはならない。ただ、これは一朝一夕で成果が出るものではない。それだけに育成を含め、長いスパンで取り組む必要がある。

 また、個のシュート力を向上させるほかにも、ゴール数を増やす方策はある。現在の日本代表の決定力が、シュート数35本に対して1ゴールという確率しかないならば、もっと多くのシュート機会を作れば得点は増えることになる。単純にシュート数が2倍になれば、得点も2倍という考えだ。

 現実的ではないと受け取られるかもしれないが、いつ成長するかわからない個の決定力を待つよりは建設的であると思うし、実際日本は、オシム監督時代はこうした「決定機を増やす」という考えをもとに、決定力不足解消に取り組んでいた。

 同時に、シュートチャンスを増やしてゴールにつなげるためには、セットプレーをもっと重視すべきと私は考えている。これは直接フリーキックだけを指すのではなく、間接フリーキック、コーナーキック、そしてPKも含んでいる。

 よく「流れのなかの得点」「セットプレーからの得点」と分けて言われるが、どんな形からであれ1点は1点、ゴールであることに違いはない。 

 サッカーの得点は、約3割がセットプレーから生まれると言われ、実際、ドイツ代表はセットプレーを磨いたことでW杯ブラジル大会の優勝につながった面があると私は思う。

 ドイツ代表はトレーニングで選手を2チームに分けて、ゲーム形式でセットプレーを競争させ、そこで選手たちがアイデアを出し合い、さまざまなトリックプレーが生まれたという。日本でも、反町康治監督(松本山雅FC)など、セットプレーで豊富なアイデアを持つ指導者は多くいるのだから、日本代表もセットプレーを武器にすることは可能なはずだ。

 私の記憶ではW杯ブラジル大会からアジアカップまでの間に、日本代表がセットプレーで変化をつけたのは1、2回しかない。アタッカーにタレントが揃い、高さも強さも備えるドイツでさえ、セットプレーの入念な準備をしているのに対し、日本はあらゆる方策を試しているとは感じられないし、まだまだ改善の余地は残されている。

 向き不向きから考えても、セットプレーのクオリティを高めて、バリエーションを増やす細かな作業は、日本人に向いているのではないか。目標に対して時間を費やして準備をし、反復しながらパターンを習得するのは、職人の伝統や技が残る日本文化に適(かな)っていると思うからだ。

 特定の型を持つことに対して、「研究されると何もできなくなる」という意見もある。確かにひとつの型しか持っていないならそうだが、豊富なバリエーションを派生させることで対応は可能だろう。日本代表選手がチームとして一緒に活動できる時間は限られているものの、パターンが決まっていればあらかじめ想定できるので調整しやすいというメリットもある。

 新たな代表監督が誰になるにしても、真の意味で日本人の特性をきちんと把握し、課題を克服できるように取り組み、日本代表をさらに成長させてもらいたい。

津金一郎●構成 text by Tsugane Ichiro
福田正博●解説 analysis by Fukuda Masahiro