宇宙インターネットに挑むスタートアップOneWebの勝算

写真拡大

OneWebは、2018年までに軌道上に数千基の衛星を打ち上げ、FacebookやGoogleよりも先に、宇宙からの光ファイバーレヴェルのインターネット接続を提供しようとしている。

「宇宙インターネットに挑むスタートアップOneWebの勝算」の写真・リンク付きの記事はこちら

これは「インターネットに繋がっていない数十億の人々を繋げたい」と考えている、ある男の話だ。

イーロン・マスクでも、マーク・ザッカーバーグでもない。その人物とは、OneWebのCEO、グレッグ・ワイラーである。OneWebは新興のスタートアップで、2018年までに軌道上に数千基の衛星を打ち上げ、世界の遠隔地に光ファイバーレヴェルのインターネット接続を提供することを目標としている。

これは珍しい目標ではない。FacebookやGoogle、SpaceXといった企業も同様の目標を実現するため、無人機やバルーン、衛星への投資を行っている。

関連記事:世界にあまねくインターネットをもたらすグーグル気球、22日で地球1周に成功

多くの人が「新宇宙開発競争」と呼ぶこの戦いの勝者を予想するのは難しいが、1月22日に発売された『ビジネスウィーク』誌の記事で、ジャーナリストのアシュリー・ヴァンスは、なぜワイラーにチャンスがあるのかということについて、実に説得力のある理由を挙げている。

その理由のひとつが、彼のスタートが素晴らしかったことだ。

ワイラーが世界の遠隔地にインターネット接続環境を整備することに興味をもったのは、ルワンダの大統領首席補佐官に出会った2002年に遡る。この出会いがきっかけでワイラーは遠距離通信企業のTerracomを立ち上げ、光ファイバーケーブルの敷設や3Gネットワークの構築を行い、ルワンダの人々に携帯電話とインターネットサーヴィスを提供するという事業を展開した。

「当時、世界的にインターネットインフラの整備は優先順位が高くありませんでした」とワイラーはヴァンスに語っている。「それは間違いだと思ったんです。良いインターネット接続環境があれば、経済成長が見込めます」。

Terracomは商業的成功を収めた。しかし、ルワンダ国内でのデータ送信はうまくいっていたものの、国際的なデータの送受信は、地球から2万2千マイル離れた衛星に依存していたため難しい面があった。ワイラーは、この衛星を地球に近づけてもっと利用できれば、人々により高速な通信環境を提供できるのではないかと考えた。

ワイラーはこのモデルをテストするためにO3bという企業をつくり、地球から5千マイルの距離で12基の衛星を運用している。この衛星はすでに、コンゴ民主共和国から小さな島々、ロイヤル・カリビアンのクルーズ船まで、世界の大部分にインターネット接続を提供している。ビジネスウィーク誌によれば、現在O3bは太平洋地域最大のインターネットプロバイダーであるという。

だが、ワイラーとしてはこれだけでは十分ではなかった。いま、彼はOneWebの創業者として、地球表面から750マイルの距離に数百の小型衛星を配置し、世界のインターネット接続範囲をさらに拡大しようと目論んでいる。

ワイラーによれば、このプロジェクトの予算は20億ドルになる見通しだという。これは、同じく自身の衛星システムの展開を準備しているイーロン・マスクの100億ドル計画よりもかなり少ない金額だが、それでも相当なものである。OneWebが、ヴァージン・グループやクアルコムといった大型の出資先を獲得した理由もこれだ。

現在のところこの計画は、衛星の信号を受信できる小さなアンテナを世界中の個人や学校、企業、病院に販売するというものである。ニューズウィーク誌によれば、この計画の衛星3基でインドと同規模の範囲をカバーできるという。

OneWebは、名のある同時代企業のどこよりもこの分野で前進しているが、ワイラーは過去にさまざまな企業が挫折を味わってきた領域に踏み込みつつあると、ヴァンスは指摘する。だがワイラーは、テクノロジーそのものは現在の方が成熟しているため、成功の可能性は高まっていると述べている。

関連記事:Facebook、無人機でアフリカにネットを提供?

どうなるかはわからないが、ワイラーの事業が単なる大博打である、というだけでは控えめな表現だろう。巨大な力と莫大な予算が飛び交う戦いにおいては尚更だ。それでも、マーク・ザッカーバーグのような人々がこの流れに加わるのを恐れてはいないと、ワイラーはヴァンスに対して語っている。

「彼にはわたしより遥かに大きな基盤があります。わたしはコネクティビティが社会や経済が成長するうえでの基礎になるということを、人々に理解してもらおうとしてきました。ひとつ大きなことは、わたしは自分たちのシステムが機能するということが分かっているということです」。

TAG

InternetOneWebSpace