露W杯アジア予選方式が決定、日本は2次予選から登場…全3ラウンドで実施

写真拡大

 AFCは9日、2018年のロシア・ワールドカップアジア予選兼2019 AFCアジアカップ予選の方式について発表した。

 予選には46の国と地域が出場。最新FIFAランキングで下位の12協会(インド、スリランカ、イエメン、カンボジア、台湾、東ティモール、ネパール、マカオ、パキスタン、モンゴル、ブルネイ、ブータン)が1次予選から登場し、6つのペアにわかれてホームアンドアウェーで対戦。3月12日と17日に試合が開催される。

 勝利した6チームが残る34チームと合わせて2次予選に進む。日本はこの2次予選から登場となる。同ラウンドは8つのグループにわかれ、ホームアンドアウェーで実施。6月11日から2016年3月29日にわたって開催される。

 最終予選には各グループの1位と2位の上位4チーム、計12チームが進出する。2014年ブラジル・ワールドカップのアジア予選は4ラウンドあったため、1ラウンド減る形となる。最終予選は10チームの参加から12チームの参加に増えた。