これぞ、大学選手権6連覇の底力か。ノーサイド寸前。泥んこの赤いジャージの束が、NECの攻撃をことごとくつぶしていく。最後は猛タックルからペナルティーキック(PK)をもぎ取った。

 これを蹴り込んで、31−25。年ごとにレベルアップしてきた帝京大がとうとうトップリーグの牙城を崩した。2006年に早大がトヨタ自動車を破って以来の快挙。スクラムハーフの流大(ながれ・ゆたか)主将は両手を突き上げた。

「すごく充実して楽しい80分間でした。最後もやる気と楽しさを感じながら、ディフェンスができました。(全部員の)142人でこの試合にフォーカスし、1年間やってきた結果です」

 8日の日本選手権1回戦(東京・秩父宮ラグビー場)。冷たい雨中戦である。前日夜のミーティングで、岩出雅之監督は「負け犬になるな!」と檄を飛ばした。「戦わないで、尻尾をまいて逃げるのは負け犬と違うか。勇気を持って、向かっていかないといけない。そうすれば、"イケる"のが見えてくるぞ」と。

 もちろん、これも学生たちの成長に手ごたえをつかんでいるからである。トヨタにはね返された1年前と比べれば、個々のフィジカルやフィットネスは確実にアップしている。スクラムが強くなり、スピード、展開力も磨かれた。なんといっても、接点、ブレイクダウン(タックル後のボール争奪戦)がパワフルになった。

 もう、社会人に気後れすることもない。最初のタックル、最初のランから、帝京大はNECに襲いかかっていった。ディフェンスでは、FWもきっちり肩を相手にあて、押し込んでいく。174cm、81kgの1年生ウイング、尾崎晟也(せいや)とて、195cm、125kgのリーグ・トライ王、ネマニ・ナドロにひるむことはなかった。同監督が笑顔で続ける。

「ファーストプレーから、様子をうかがわないで挑んでいく。それが去年から一番、チームが変わったことです。そこに我々の心の成長とプレーの自信が一番、集約されているのではないかと思います」

 先行されても、流主将は「体を当てた感触として、全然イケると感じていました」という。その言葉通り、コンタクトエリアの猛ファイトが帝京大のリズムを作っていく。大学生相手では経験のない同点(17−17)での折り返しも、同主将はこう、感じたそうだ。

「クロスゲームで勝ち切ることを頭に描いていたので、これはイケると思った。後半も最初から力を出していこうと言い合った」

 成長の跡が見えたのは、特に「修正力」「対応力」である。例えば、スクラム。泥田のようなグラウンドで足元が滑りやすいとみるや、8人がよりしっかりと固まるようになっていった。ラインアウトのミスで苦しむと、ディフェンスでFWが体を張った。相手のモール対策も功を奏した。

 ブレイクダウンで、相手の反則が目立ったのも、相手より肩を低く入れて、突き上げることを意識したからである。プロップの森川由起乙(ゆきお)の説明。「胸で当たっていくと絶対勝てないので、しっかりと肩で突き刺さっていくことを徹底したのです」

 勝利を決めたのが、23−20からあげた後半35分のトライだった。スピード豊かな連続攻撃を仕掛け、流が右足でインゴールにゴロキックを転がし、ウイング尾崎がこれを押さえた。相手の戻りが1人に対し、帝京大は4人が駆けこんだ。思惑通り、NECの選手は足に疲労がたまっていたのだろう。

 狙って奪った、トップリーグ勢からの"金星"である。昨季までは「勝てればいいなあ」という程度の選手の心境だったのが、今季は「勝てるぞ」という自信に変わっていた。昨年のトヨタ戦で敗戦の悔しさを味わい、今季も「大学選手権連覇」と「打倒TL(トップリーグ)」を目標に掲げてきた。だから、大学日本一では満足はしなかった。

 TLに勝つためのスケジュールを組んできた。大学選手権の決勝からの1カ月間も、昨季より練習は内容の濃いものだった。しかも、昨季はやらなかったTLとの練習試合を行なった。控え主体のサントリーに勝った。これが大きかった。

 見事なゲームマネジメントを見せたスタンドオフの松田力也は言った。1年前より体重が7kg増の92kg、ベンチプレスの数値は120kgから145kgに上がっていた。

「(TLとの)フィジカルの差を1年間で克服しました。(1ケ月、試合が空いた昨季とは)ゲーム勘、コンディションが全然違う。正直、勝てるという自信がありました」

 年々広がる大学とTLの差にあって、大学ラグビーの可能性を示した勝利の意義は深い。社会人レベルの戦いを意識してきた1年間。ちゃんと準備して、フィジカルが対等になれば、互角の勝負に持ち込めるのだ。

 勝利から1時間半。念願の打倒TLを果たした岩出監督がしみじみともらした。

「大学選手権の優勝はうれしいけど、今日の勝利の喜びはまた、違います。その質が。学生の枠を越えて、何かいただいたような、誇りを感じますね。周りからもらったさまざまなエネルギーを次の試合に向け、さらにその上の試合にいけるようがんばりたい」

 次はTL3位の強豪・東芝。勢いに乗る帝京大がどこまで通用するのか。大学王者の挑戦が一層、楽しみになってきた。

松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu