『あっちゃん』 ©あっちゃん製作委員会

写真拡大

ドキュメンタリー映画『あっちゃん』が4月18日から東京・渋谷HUMAXシネマ、大阪・シネマート心斎橋ほか全国で公開される。

【もっと写真を見る】

同作は、昨年結成30周年を迎えたニューロティカと、同バンド唯一のオリジナルメンバーである「あっちゃん」ことイノウエアツシ(Vo)を追ったドキュメンタリー作品。約30年間に及ぶニューロティカの活動を追いながら、メンバー同士の確執やメジャー事務所との契約、実際の給料なども包み隠さず描き、1980〜1990年代バンドブームの真相を浮き彫りにするほか、お菓子屋の若旦那として生活するイノウエの日常にも迫る。

同作には、歴代のニューロティカメンバーをはじめ、ニューロティカと縁の深いRYOJI(POTSHOT)、SHOGO(175R)、ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)、まちゃまちゃ、大槻ケンヂ(筋肉少女帯)、宮田和弥(JUN SKY WALKER(S))、HIKAGE(THE STAR CLUB)、PON(LAUGHIN'NOSE)、綾小路翔(氣志團)、矢沢洋子、Bamboo(milktub)、石坂マサヨ(ロリータ18号)、GEN(THE GELUGUGU)、宮藤官九郎、ターシ(LONESOME DOVE WOODROWS)、サトパー(30%LESS FAT)、増子直純(怒髪天)らが出演。監督は、メンバーとの信頼関係も厚いというナリオが務める。

なお、同作はクラウドファンディングで資金を調達して製作されており、調達額はクラウドファンディングによる自主製作映画で過去最高額となる940万3,669円を記録している。また、2月10日12:30からイノウエをはじめとするニューロティカのメンバーやナリオ監督が登壇する同作の記者会見がUstreamで配信される。

■ナリオ監督のコメント
「辛くとも苦にならないのが本当の仕事」と、あっちゃんの言葉に背中を押されながら、映像作家としての人生を歩んできました。
山あり谷ありの映像人生も、気が付けば今年で15周年。こんな節目となる年に、今までお世話になったニューロティカに僕なりの恩返しをしたい、そしてずっとニューロティカを支えてきたファンの方々に今まで見たことのないあっちゃんの素顔を知ってもらいたい。そんな思いでこのドキュメンタリー映画を撮ろうと決意しました。 ステージでは決して見せない、ピエロの奥に秘められた1人の人間としての優しさや哀しさ。 そんなあっちゃんの素顔をスクリーンからお伝えします。