TOYOTA NEXT ONE - THE WORLD IS ONE

写真拡大

1月から、トヨタの「もっといいクルマづくり」を伝えるための企画「TOYOTA NEXT ONE」の一環として、スペシャルムービー「THE WORLD IS ONE」が公開されています。

クルマにまつわる3つの国の青年たちの3つの青春から、国や文化や言葉を超越したクルマと人の関係が描かれており、同時進行する映像表現にも注目が集まっています。

【TOYOTA NEXT ONE】WEBムービー「THE WORLD IS ONE」篇




同時進行する3つの国の3つの青春


同時進行する3人の物語

同時進行する3人の物語


「TOYOTA NEXT ONE」は、トヨタの「もっといいクルマづくり」を伝えるため、“道が人を鍛える。人がクルマをつくる”というコンセプトのもと、レース経験のないトヨタ社員たちが約2万キロを72日間かけて走った「豪州大陸走破プロジェクト」など、ユニークな試みが注目を集めています。

その一環として1月30日から公開されているのが“クルマっていいな”という情緒的な魅力を感じるスペシャルムービー「THE WORLD IS ONE」です。

主人公の学生が一目惚れした女の子を乗せるためにコツコツと努力し、ようやく車を手に入れるが、実は彼女は……という、ほろ苦い青春ストーリーになっています。

一目惚れした女の子

一目惚れした女の子



コツコツ努力してようやく購入したカローラ・レビン

コツコツ努力してようやく購入したカローラ・レビン



「時速60kmで走ると風ってさ、おっぱいと同じ柔らかさになるんだぜ。」「おおっ!」

「時速60kmで走ると風ってさ、おっぱいと同じ柔らかさになるんだぜ。」「おおっ!」



これをまったく同じアングル、似た俳優で撮影し、日本、オーストラリア、南アフリカの3ヶ国版を制作。同時進行する3つの国の青年たちの3つの青春が、クルマに対する憧れやロマンなど情緒的価値と、国や文化や言葉を超越したクルマと人の関係を美しく描き出しています。

“僕たちは同じ道を走っている。”というキャッチフレーズ通りのムービーに仕上がっており、都会で暮らしているとなかなか関わりが少なくなってきた「車の良さ」を再確認させられたような気持ちになります。

これだけ忠実に同じ映像を3ヶ国で撮影することは、測りしれない大変さがあったとか。

日本で撮影された物語と同条件のロケーションを、シドニー(オーストラリア)とケープタウン(南アフリカ)で探し出すのは想像以上に難航を極めました。何度も何度もロケハンを重ね、アングルの検証をし、半年もの期間をかけて制作しました。
撮影条件がクリアされても、日本の物語を再現するため、すべてのお芝居を秒単位で合わせていくという前代未聞の撮影になりました。
3つの国のキャストたちも、似ている空気の持ち主を探し出しました。登場するクルマはすべて同じカローラ・レビン。あらゆるディテールに神経を注いで何度見ても楽しい映像をつくりだしました。
撮影エピソード


音楽はカナダ在住のミュージシャン、ティム・マクモリスさんが、この物語のためのオリジナルの楽曲として書き下ろしたそうです。

公開された動画には早くも

右ハンドルの3ケ国 同じカット割り 3つの人種 うまい!!!
大学時代にこれと同じ86レビン乗ってました。。素晴らしい動画に胸アツです!
車欲しくなるねー、良いCM。それにしてもトヨタ公式でおっぱいネタか…笑(好きだけど)

などのコメントが寄せられています。

車や恋愛、友情など少し古風ですが、大切なものをもう一度思い出させてくれる素晴らしいムービーとなっています。

また、「TOYOTA NEXT ONE」の公式サイトでは「豪州大陸走破プロジェクト」の成果を収めたレポートやコンセプトムービーなども視聴できるので、是非チェックしてみてはいかがでしょうか。