2015年2月8日、中国の北京市経済・情報化委員会が、2015年の工業・情報化業務会議を開催した。

 報告によると、北京市2014年のソフトウェア・情報サービス業営業収入は、2013年と比較して11%拡大し、北京市経済規模の約25%に当たる、5400億元(約10兆2554億円)に達したとのこと。
 
 また、北京市の4G(第4世代移動通信システム)基地局は、1万5000ヵ所となり、4G利用者数は400万人に達したとのこと。北京市は2015年、同市4G利用者数を、倍増させる目標も示している。

(China Press 2015:IT)