写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京ディズニーランド(千葉県浦安市)のウエスタンランドに2016年秋〜冬、ディズニーのコミックや短編アニメ映画となった『ジュニア・ウッドチャック』シリーズの世界をテーマにした、新キャラクターグリーティング施設と新飲食新設がオープンすることが6日、明らかになった。

『ジュニア・ウッドチャック』シリーズは、ドナルドや彼の甥であるヒューイ、デューイ、ルーイたちが、キャンプなど野外活動を通して自然を楽しむグループ「ジュニア・ウッドチャック・オブ・ザ・ワールド」のメンバーとなり、アメリカ原生林を舞台に活躍する物語。2つの新施設は、「ジュニア・ウッドチャック・オブ・ザ・ワールド」のキャンプ場を彷彿させ、アメリカ河沿いの昔懐かしい自然を背景に繰り広げられるディズニーのクラシックストーリーの世界に浸ることができる。

キャラクターグリーティング施設は、東京ディズニーランドでは2つ目となり、1996年にオープンした「ミッキーの家とミート・ミッキー」以来、約20年ぶり。出演キャラクターは未定となっている。

また、新レストランは、既存のレストラン「ラッキーナゲット・カフェ」をリニューアルし、2階建ての屋内および屋外ダイニングエリアを持つレストランに生まれ変わる。屋外には、キャンプファイアーをイメージしたエリアも備え、ゲストはアメリカ河の景色を眺めながら食事を楽しむことができる。

総投資額は、2施設合わせて約30億円(予定)。「ラッキーナゲット・カフェ」は2015年秋をもってクローズする。

(C)Disney