パッケージもリニューアル

写真拡大

キリンビバレッジは2015年3月24日、1986年の発売から今年で30年目を迎える「キリン 午後の紅茶」ブランドから、「ストレートティー」「ミルクティー」「レモンティー」、「おいしい無糖」の4製品をリニューアル発売する。

より香り豊かな味わいに

通常は茶葉を摘んで現地でカットしてから輸入するところ、茶葉を輸入してから国内でカットし、さらに鮮度管理を行った「フレッシュカット茶葉」を使用。淹れたての紅茶を急速に冷却することでおいしさを封じ込め、より香り豊かな味わいの"茶葉の香りの味"がする本格アイスティーへ進化したという。

「ストレートティー」は、華やかな香りが特長のディンブラ茶葉を100%使用した、香り高くすっきりした味わいに仕上げた。

「ミルクティー」は、ミルクと相性の良い、コクとまるみのある柔らかさを持つキャンディ茶葉を80%使用し、香り高く濃厚な味わいに仕上げた。

「レモンティー」は、レモンと相性の良い、爽やかな香りを持つヌワラエリア茶葉を15%以上使用し、香り高くすっきりした味わいに仕上げた。

「おいしい無糖」は、ダージリン茶葉の比率を73%に増やし、よりすがすがしい軽やかな味わいに進化した。茶葉本来のおいしさを楽しめる、すっきりとした飲み心地の本格無糖紅茶。

各商品とも、希望小売価格はリニューアル前と変わらず据え置きとなっている。