松田聖子の名曲が男声で!桐島かれん×黒木華“母娘CM”の裏話
 オシャレな海辺の一軒家。気持ちい〜い風が吹き抜けるテラスで母娘らしき女性2人……。ハスキーヴォイスの男性が歌う『渚のバルコニー』のBGMも印象的な「サントリー オールフリー」新TV-CM、もうご覧になったでしょうか?

◆無口な監督もメロメロに

 海の近くでひとり暮らしを始めた母親のところに、娘がはじめて訪ねるという設定で、母親役を桐島かれん、娘役を女優の黒木華(くろき・はる)が演じています。

⇒【YouTube】オールフリー『母と空とワタシ』篇 30秒 桐島かれん 黒木華 サントリー CM http://youtu.be/QugaZ6TZFZc

『渚のバルコニー』(1982年のヒット曲)をリアルタイムで聞いた世代は、「桐島かれんも母親役かぁ〜」と(あたり前のことを)シミジミ思うわけですが、一方の黒木華もさすがの演技力で、目が離せません。

 黒木華といえば、2014年に映画『小さいおうち』でベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞し大きな話題を集めました。さらに今年は、『繕い裁つ人』『母と暮せば』など、すでに5本の出演映画の公開が決まっている注目の女優さんです。

 テラスでオールフリーを飲む母親に、「あ〜まだ昼なのに」と茶目っ気たっぷりでつっこみ、「飲む?」という母からの誘いに、大きく全身で「うん!」といってかけよる……。普段の無口な監督が、このやりとりをモニターの画面を見つめながら、何度も「かわいい」「かわいい」とつぶやいたそうです。

◆桐島かれん×黒木華の“母娘”関係が気になる

 撮影の合間には、「あなたに彼氏はいるのかしら?」という桐島かれんからの質問に、黒木華が「どうでしょう。もしいるとしたら、どんな男性だと思いますか?」なんてやりとりがあったとか。2人は初共演ながら、現場では”風通しのいい母娘”そのものだったそうです。

 娘に「自由っておいしいぞ」と言える母親って、やっぱりかっこいい!(ちなみに、桐島かれんの母親でエッセイストの桐島洋子は、1960〜70年代に、まさに”自由な女”の象徴だったのです)。

 このCMの正式タイトルは、『母と空とワタシ』。今後、この物語は続くのかもしれません。娘が彼氏を連れてきて……なんて展開があるのかどうか分かりませんが、夏の太陽の光が差し込む渚のバルコニーでの母娘の会話も、ちょっと楽しみだったりするのです。

●「サントリー オールフリー」公式サイト
http://www.suntory.co.jp/beer/allfree/

<TEXT/女子SPA!編集部>