『イニシエーション・ラブ』ポスタービジュアル ©2015「イニシエーション・ラブ」製作委員会

写真拡大

5月23日から全国東宝系で公開される映画『イニシエーション・ラブ』からポスタービジュアルが公開。あわせて新たなキャストが発表された。

【もっと大きな写真を見る】

公開されたポスタービジュアルには、主人公の鈴木役を演じる松田翔太と、鈴木の恋の相手・マユ役の前田敦子の姿が写し出されているほか、「最後の5分全てが覆る。あなたは必ず2回観る。」というコピーが記されている。

あわせて発表されたキャストは、鈴木の同僚を演じる三浦貴大、前野朋哉、鈴木の上司役の木梨憲武、鈴木、マユと三角関係になる美弥子役の木村文乃の両親を演じる手塚理美、片岡鶴太郎の5人。手塚と片岡は、1987年のテレビドラマ『男女7人秋物語』以来の共演になるという。

『イニシエーション・ラブ』は、2004年に発表された乾くるみによる同名小説の映画版。1980年代バブル期の静岡で就職活動中の奥手な大学生・鈴木と、歯科助手のマユの恋愛を描く「Side-A」と、就職のために上京した鈴木と、静岡に残ったマユ、鈴木の同僚・美弥子の三角関係を描く「Side-B」で構成される。監督を務めるのは堤幸彦。