<ピュアシルク・バハマLPGAクラシック 最終日◇8日◇オーシャンクラブGC(6,644ヤード・パー73)>
【動画】キム・セヨンの優勝インタビューやハイライトなど配信中!
 2015年米国女子ツアーのルーキーであるキム・セヨンは、メジャーチャンピオンのユ・ソンヨン、同じくルーキーのアリヤ・ジュタヌガンとの1ホールによるプレーオフを制し、「ビュアシルク・バハマLPGAクラシック」を制した。韓国女子ツアーで通算5勝を挙げているキムは、今シーズン1番目の“ロレックス初優勝選手”となった。
 「間違いなく夢でした。とてもうれしいです。10年前から夢見ていたことなので」
 キムは第3ラウンドを最終日の朝に1アンダー“72”でホールアウト。首位のユ、インビー・パークと2打差の通算9アンダーで最終ラウンドに臨んだ。
 最初の5ホールで3つのバーディーを奪い首位に立つも、パー4の8番でこのラウンド唯一のボギー。キムは18番までリーダーボードを一度も見ていなかったという。
 すでに通算14アンダーでホールアウトしていたユとジュタヌガンを1打差で追っていたキム。グリーンサイド手前ラフからのチップショットで約1メートルのバーディーチャンスにつけ、プレーオフに滑り込んだ。
 キムは今まで何度もプレーオフを経験している。5年プレーした韓国女子ツアーでは5回、うち4回勝利している。18番でプレーオフをはじめた際は緊張しなかったキムだが、勝負を決める1.2メートルのバーディーパットではプレッシャーを感じていたという。
 「パットの前はとても緊張していましたが、大丈夫でした」
 トップ10以内を目標としていたキムにとって、キャリア初優勝はうれしい驚きだった。その前の「コーツ・ゴルフ選手権」では予選落ち。しかし、韓国から米国女子ツアーに主戦場を変えたキムにとって、トップ10は大きな目標の1つにしかすぎない。
 「オリンピックで韓国代表に選ばれたくて米国女子ツアーに参戦しました。それへの大きな一歩となるこの勝利は、自分にとって大きな意味があります」
 これで女子世界ランキングは40位から23位に上がる見込み。オリンピックには最上位4名までが選ばれるが、現在韓国人の4位は、ランキング11位のベク・クジョンだ。
 なお、先週勝利したチェ・ナヨンに続き、2015年は開幕から2人続けて韓国人選手による優勝となった。
※USLPGA公式サイトより提供
<ゴルフ情報ALBA.Net>