優勝争いから一転予選落ちとなった松山英樹(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

 ファーマーズインシュアランス・オープンで昨夏のウインダム選手権以来の予選落ちを喫した松山英樹。前週はフェニックス・オープンで優勝争いを演じたばかり。勝利を逃したとはいえ、いいゴルフをしていたからこその優勝争いだったはず。だが、その翌週、一転して予選落ちとなった大波が、どうしても気になった。
松山英樹、“完璧ドライバー”も巻き返せず2015年初の予選落ち
 その波は、ほんの数週間前にも起こったばかりだった。ハワイで迎えたヒュンダイ・トーナメント・オブ・チャンピオンズでも松山は優勝争いに絡み、惜敗。そして、その翌週のソニーオープンではセカンドカットにかかり、最終日を戦うことができなかった。
 松山自身は、その波をどう受け止めているのか。その波が気になっているのか、いないのか。課題だと感じているのか、いないのか。本人に尋ねずにはいられなくなり、予選落ちが決まったばかりの松山に少々な酷な質問をストレートにぶつけた。
 松山は5秒ほど口をへの字に結んで考え、そして、こう言った。
 「関係ないと思います。ヒュンダイのときも、先週も、最終日にいいプレーができていないから次の週に崩れてしまう。最終日にもう少しいいプレーができていれば、その次の週もうまくプレーできるのかなと思う」
 とりあえず、「なるほど」と頷ける返答だった。「前週は好調。だが、翌週は不調」という見方は、試合ごと、1週間ごとに区切って成績を眺める見方。前週の最終日が終わるたびにピッと線を引き、「ここまでは前週、ここからは翌週」いう具合に分けた上で成績を比較する見方だ。
 しかし、松山自身は必ずしもそこに線を引くとは限らないようだ。振り返れば、フェニックス・オープンの松山の4日間は、いいゴルフができたと感じていた3日目までと、その好感触を持続できなかった最終日の間に、期せずして線が引かれてしまった。
 そして、最終日の悪さがそのまま続いてしまったのが今週のファーマーズの初日と2日目。つまり、フェニックス・オープン最終日の悪さを引きずってしまったために、今週は予選落ちしてしまったという理屈になる。
 確かに、いい感触にしろ、悪い感触にしろ、それが続いていくという現象はゴルフではしばしば起こる。たとえば、選手たちの多くは、その日のラウンドをバーディーで締め括れれば「明日につながる」と喜び、ボギーフィニッシュになると「嫌な終わり方になった」と表情を曇らせるが、それも松山が前週の最終日と翌週をつなげて捉えているのと似た現象で、選手には前日の最終ホールと翌日をつなげて考える傾向がある。
 ゴルフはメンタルなゲームゆえ、どうしたって気持ちの揺れがパフォーマンスを左右する。前日と翌日、前週と翌週、その間を直線的な境界線でピッと分けることはなかなか難しく、組み紐のように過去と絡み合いながら、次の日、次の週という未来が生み出されていく。
 その組み紐は心技体が複雑に絡み合う繊細なものなのだろう。「自分の中の感覚であって、人にはわからない部分」だと松山は言っていた。けれど、選手がどことどこの間にどんな境界線を引こうとも、前週と翌週がどんな具合につながった組み紐であろうとも、数字で示される結果だけは、誰もが一様に「わかる部分」だ。
 前週の最終日の良し悪しが翌週のパフォーマンスに影響するというのは、同じ人間として、同じゴルファーとして、「なるほど。それはきっとそうなんだろうなあ」と心底思える。けれど、前週の最終日が悪かったのなら、そこにあえて線を引き、悪さを断ち切らなくてはいけない。それができるかどうか。そこが一流と超一流の分かれ目になる。
 ファーマーズインシュアランス・オープン最終日、4人によるプレーオフを制したジェイソン・デイが、優勝争いに絡んで惜敗した2013年のマスターズを振り返り、こんなことを言った。
 「経験から学ぶという言葉があるけど、本当に学べる経験は、勝利を掴みかけて逃すという経験だけだ。最終日を勝利で締め括るためには、惜敗の経験から学び、成長する以外に道はない」
 デイの言葉を借りれば、今季だけで3度、今年だけで2度も優勝争いに絡み、いずれも惜敗した松山は、その回数分だけ、次なる勝利のために学び、成長する道をすでに得ているということになる。
 その道を生かしてほしい。次回こそは、優勝争いを勝利という結果で終えてほしい。そのためには、悪い流れを断ち切る方法、流れを転換する方法を是が非でも見い出してほしい。その努力と工夫こそが、松山が取り組むべき、今後の大きな課題だと私は思う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】続かなかった「いい」を続けるために 松山英樹の課題
石川遼、3試合連続で予選落ちも焦りはなし!「まだ始まったばっかり」
【討論中!】松山英樹とテニスの錦織圭 先にメジャー大会を勝つのはどっち?
宮里藍、復調へ貫いたテーマ「焦らず次戦に」
不振脱却へ「すごく充実」美香、自信深める19位タイフィニッシュ