フィアット 500 クレマカフェ

写真拡大

FCAジャパンは2015年2月14日、コンパクトカー「フィアット 500」の限定車「500 クレマカフェ」を発売する。販売台数は100台で、全国メーカー希望小売価格は209万5200円。

数々のクロームパーツを装備

ボディーカラーとして、カプチーノのような淡くビターな「ニューエイジクリーム」色を採用した。このカラーにちなんで名付けられた車名「クレマカフェ」は、イタリア語で「コーヒークリーム」を意味する言葉。

500のエントリーグレード「500 1.2 Pop」をベースに、クローム仕上げキット(サイドウインドーボトムライン、エキゾーストパイプフィニッシャー、アクセントライン付きバンパー)、500ロゴ入りサイドプロテクションモールディング、15インチアルミホイールを装備した。これらの特別アイテムは約20万円に相当するが、車両価格はベース車から約10万円高に抑えている。