獅子舞や龍舞も!横浜中華街で中国伝統の旧正月を祝う「2015春節」

写真拡大

「春節(しゅんせつ)」は、旧暦の正月を祝う中国の風習。この春節を満喫するなら、やっぱり横浜中華街がオススメ!

「春節」を迎える2015年2月18日(水)の24時直前から、中華街の關帝廟(かんていびょう)と横濱媽祖廟(よこはままそびょう)の両廟でカウントダウンが始まると、街は新年のお祝いムード一色に。明けて2月19日(木)の「春節」当日には、にぎやかな爆竹や太鼓の音が鳴り響く中で中国伝統の獅子舞「採青(ツァイチン)」が行われ、「これぞ春節!」という独特の雰囲気に。

白や黄色など鮮やかに彩色されたポップな獅子は、ユーモラスでかわいいと評判なのだとか。「獅子のアクロバティックな演技、ちょっと滑稽な仕草などが人気で、中国のお年玉にあたる紅包(ほんぱお)をようやくつかみ取ったときには、大喝采が沸き起こります」と、2015春節実行委員長の徐さん。

また、2月21日(土)、22日(日)、3月1日(日)には、山下町公園で獅子舞のほかに、長い龍をあやつる勇壮な龍舞や中国雑技など、中国伝統芸能を披露する「娯楽表演(ごらくひょうえん)」も実施。華やかなステージで、お正月のめでたい気分は最高潮に。

さらに、2月28日(土)は「春節」の一大イベントとなる祝賀パレード「祝舞遊行(しゅくまいゆうこう)」が。ここでも、愛らしい仕草の獅子舞や、ダイナミックな動きの龍舞は大人気! しかも、中華街の中を練り歩くパレードだから、すぐ目の前で見られるのも嬉しい。

そして最後を飾るのは、3月5日(木)に横濱媽祖廟で行われる「元宵節燈籠祭(げんしょうせつとうろうさい)」。こちらは、メッセージ灯籠に願いを書き込んで新しい年の幸せを祈る伝統行事。ここでも、奉納獅子舞があるから、春節のラストを飾る舞をどうぞ。イベント盛りだくさんの春節で、もう一度お正月気分に浸りたいなら、ぜひ横浜中華街へ!