ファッションPRをテックの力で効率化する技術者エディ・マロン

写真拡大

「ファッションは美しいが、その内側は呆れるほどに複雑だ」。エディ・マロンは、サンプル管理からイベントマネジメントまで、PR業務に付随するインフラをデジタル化&オンライン化する「Fashion GPS」を立ち上げ、超アナログな世界の効率化を目指している。雑誌『WIRED』VOL.13より、ファッション×テックのキーパーソンへのインタヴューをウェブで連載。

「ファッションPRをテックの力で効率化する技術者エディ・マロン」の写真・リンク付きの記事はこちら

EDDIE MULLON│エディ・マロン
Fashion GPS Founder & CEO。アフリカ生まれのイギリス人。10代のころに独学でコンピュータープログラミングを習得。2006年、ファッションとテクノロジーを結ぶFashion GPSを設立。サンプル管理からイベントマネジメントまで、PR業務に付随するインフラをデジタル化&オンライン化した先駆的存在で、世界の主要ファッションウィークも公式採用している。現在、NY、パリ、ロンドンにオフィスを構える。

連載/テクノロジー×ファッションの若き旗手たち

1 ジャスティン・クック:バーバリーのデジタル革命を率いた戦略家
2 モナ・ビジョア:「卸売り」をオンライン化する設計者
3 エディ・マロン:ファッションPRをテックで効率化する技術者

※第4回目は2/15(日)公開予定

Fashion GPSのファウンダー、エディ・マロンは生来のギークだった。

幼いころからコンピューターゲームに傾倒し、ティーンになる前に独学でプログラミングを始めた。あるとき、テレビの構造に興味をもった彼は、両親に内緒で解体を試みた。

「感電しそうになりながら」目撃したテレビの中身はとても複雑で、彼はそれに魅せられた。それから何年も経ち、エディがファッションに出会ったとき、かつてテレビを解体した体験がフラッシュバックしたという。

「ファッションの世界は外見はとても美しいけれど、ふたを開けると呆れるほどに複雑だ。まるで無数のワイヤーが絡み合っているかのように混沌としていて、共通言語がまったくない。いまも、すべてのもつれが解かれたわけじゃない。投資家たちの理解を促すにも時間がかかる。それくらい複雑なんだ」

PRとメディアの糸の絡まりをデジタルが解きほぐす

当時彼は、NYを拠点にコンピューターコンサルティング会社を経営していたが、大手PRエージェンシー、KCDの依頼で、サンプル管理システムを設計することになった。

PRの仕事はすべて紙ベースで、重要な資産であるはずのサンプルの管理は、まさにカオス。エディは、シンプルで機能的なトラッキングシステムを設計し、それをオンライン化した。それが口コミで広がり、ある日、マーク・ジェイコブズからの電話が鳴った。

「当時のわたしは、マークの名前すら知らなかった。Googleで調べたら有名なデザイナーで、なるほど、これは需要がありそうだと思ったよ」

システム構築にあたって業界のフローを勉強するほど、「テックの力で効率化できる」と確信した。サンプル管理だけでなく、ショーのマネジメントもファッションウィークのスケジュール管理も、プレス業務に関連する一連のプロセスが、エディの改革対象になった。

「不可解だったのは、何百万円も投資して大掛かりなショーを開催するのに、なぜかみな結果には無頓着だったこと。来場者数、来場者名、反応……。そういった結果の分析から次の戦略が生まれるはずなのに、重要なデータを完全に取りこぼしていたんだ」

2006年の正式ローンチから約8年、エディは、ファッション業界の一角、つまり、PRとメディア側の糸の絡まりを少しずつ解きほぐし、現在までに5つの機能を完成させている。

ひとつ目は主軸のサンプル管理。

2つ目は、PRのためのイヴェントマネジメントツールで、招待状送付から出欠確認、席決めなどをオンライン化したシステムで、NYファッションウィークはもちろん、ロンドンでも公式採用されている。

3つ目は主に、ルックブックのカスタムや、素材や色などのサンプル詳細をデータ化したファッション撮影のためのスタイルツール。

wiredjapanfashion2089

4つ目はPR向けプレスリストのマネジメントツールで、最後が「GPSレーダー」と呼ばれる招待制のコミュニティスペース。ファッションウィークのメインプレイヤーであるプレスやバイヤーが、ショーのスケジュール管理からチェックイン、ランウェイ直後のサンプルリクエスト、ルック画像の取り寄せなど、ファッションウィークにまつわるすべての動作を1カ所にまとめ、モバイル端末から操作可能にしたパワフルなアプリだ。

現在、プレスとバイヤーを合わせて約2万人が登録するが、この顧客情報だけでも、市場価値は相当な額に上るだろう。

「わたしの次の挑戦は、デザイナー側に立ったシステム構築。ムードボード作成からサンプル完成までのプロセスを一元化し、既存システムとのパートナーシップ締結も視野に入れつつ、ホールセールまで網羅したい」

2015年は、いよいよアジア進出も視野に入れているというエディ。Fashion GPSで全世界のファッションコミュニティがつながる日は、そう遠くなさそうだ。

「わたしはファッションをディスラプトしたいんじゃない。生産性を高め、効率化することで、クリエイションはより洗練される。そのために、ファッションの全神経系統をイノヴェイトしたいんだ」

連載/テクノロジー×ファッションの若き旗手たち

1 ジャスティン・クック:バーバリーのデジタル革命を率いた戦略家
2 モナ・ビジョア:「卸売り」をオンライン化する設計者
3 エディ・マロン:ファッションPRをテックで効率化する技術者

※第4回目は2/15(日)公開予定

雑誌『WIRED』VOL.13
Amazonで購入する>>

最もアナログな業界と言われてきたファッションの世界に、デジタルテクノロジーがもたらされたとき、いったい何が起こるのか。未来のイノヴェイターたちや、スタートアップ・デザイナーのブランド論、7つのケーススタディからその未来を探る。詳しくはこちら。

TAG

Decoded FashionFashionMagazineStartupVol13