第32回全農日本カーリング選手権が2月8日に開幕した(会場:アドヴィックス常呂カーリングホール/北海道北見市。試合は2月9日〜15日)。

 現在、日本選手権は中部電力が4連覇中。主将の清水絵美は、「日本選手権優勝がこのチームの目標です」と、チーム青森の記録に並ぶ5連覇達成へ意欲を見せる。しかし、その前に大きく立ちはだかるのは、日本代表として2014年ソチ五輪に出場した北海道銀行フォルティウスだ。

 北海道銀行はソチ五輪後、チームを再編成し、さらなるレベルアップを図った。札幌国際大を卒業した吉村紗也香に、チーム青森の近江谷杏菜と、ふたりのビッグタレントを補強。ファースト・近江谷、セカンド・小野寺佳歩、サード・吉村、スキップ・小笠原歩という豪華布陣を組んで、船山弓枝をリザーブに据える強力体制を築いた。

 そして、2014−2015年シーズンがスタートした昨秋、ワールドカーリングツアー(※)に参加。日本の女子チームとしては、史上初となる2度の優勝を飾った。
※毎年9月から翌年の4月にかけて、北米や欧州の各都市で行なわれるシリーズ戦。2014−2015年シーズンは、33週で50を超える大会が各地で開催される。すべての大会に賞金が設定され、出場に際しては厳正な審査がある。そのため、参加できるのは、おおよそ世界トップクラスのチームに限られる。

 そんな充実のシーズンを送る中、スキップの小笠原は日本選手権制覇への強い決意を示す。

「今季はここまで、日本選手権にピークを持っていけるように強化を続けてきた。国内ではもう負けたくない。もちろん、優勝するつもりです」

 日本屈指の戦力をそろえ、着実にチーム強化が進んでいる北海道銀行。今大会の大本命であることは間違いない。

 一方で、そんな北海道銀行にひと泡吹かせて、虎視眈々と女王の座を狙うチームがある。

 本橋麻里率いるロコ・ソラーレ北見(以下、LS北見)だ。関係者の間からも「今年は、LS北見が頂点に立ってもおかしくない」という声が少なからず聞こえてくる。

 チーム青森の一員として、2006年トリノ五輪、2010年バンクーバー五輪に出場した本橋。彼女がLS北見を結成して、今季で5シーズン目を迎える。メンバーの入れ替わりが激しいカーリングにおいて、オリジナルメンバー4人は代わらずに地道に強化を図ってきた。過去4回の日本選手権でも、準優勝1回、残り3回もすべて4強入りと安定した結果を残し、頂点まであと一歩まできている。

 一層の飛躍が期待される今季は、北海道銀行の一員としてソチ五輪に出場した吉田知那美が加入。戦術の幅が広がって、本橋も確かな手応えを感じている。

「(吉田知那美が加入して)チームに刺激を与えてくれた。勝つためには何が必要か、客観的にチームを見てくれたのも大きい」

 新チームとなって最初の公式戦、昨年9月に行なわれたパシフィックアジアカーリング選手権日本代表決定戦では準優勝と、惜しくも代表キップを逃した。それでも、予選リーグでは代表の座を手にした北海道銀行と1勝1敗という互角の戦いを見せ、チーム力が上がっていることを証明した。

 また、今季はワールドカーリングツアーでも1勝を挙げて、先月開催された全道選手権では5戦全勝優勝。すべての試合で3点差以上の大差をつける、圧勝劇を演じた。

 本橋本人にも変化が起きている。

 大会後、日本選手権に向けてのピーキング、重要な一戦に向けてコンディションをどう調整していくのか、という質問がメディアから本橋に投げかけられた。そのとき、本橋はこう答えた。

「(個々のコンディションは)上がったり、下がったり、ということはある。でも、個人ではなく、チームとしての準備の仕方をしっかりとつかめれば、残り3年はより良いシーズンになると思う」

「残り3年」――本橋が2018年平昌五輪を意識した言葉を自ら発したのだ。

 チーム結成以来、メディアからどんなに促されても、本橋は「五輪」を意識した発言をすることはなかった。「まだ私たちはそこ(五輪)に向かう立場ではない」と、「道の途中」であり、「挑戦者」であることを強調し、日本の頂点に立つこと、さらには五輪に出場することに対しての、渇望のようなものが伝わってこなかった。

 それが、ついに「五輪出場」を目標とする発言を本橋から切り出した。"機は熟した"という彼女自身の自信の表れ、と受け止めていいだろう。そして、本橋のそのスタンスこそが、LS北見の最大の原動力になっていることは間違いない。

 今大会の会場は、LS北見のホームとなる、北見市常呂町。周囲の期待と強みは、本橋もよく自覚している。

「(日本選手権が)ホームリンクで開催されるのは大きい。技術面に限らず、メンタル的なアドバンテージもあると思う。その中で、タイトル獲得も大切ですが、自分たちがどういう勝ち方をしたいのか、そのイメージを大切にしながら試合に臨みたい。今の自分とチームなら、それができると信じています」

 日本選手権の優勝チームには、3月に札幌市で開催される世界選手権の出場権が与えられる。その分、各チームのモチベーションは一層高い。ソチ五輪以降、日本代表の北海道銀行は、特に世界への思いが強い。小笠原が語る。

「世界で勝つには、同じチームが世界選手権の舞台に立ち続ける必要がある。そこでの経験はいくらあってもいい。私もこれまで何回か世界選手権には出場していますが、まだまだ足りないと思っています」

 しかし、3年後の五輪出場に向けて、ギアをトップに入れた本橋も譲れない。

「いきなり五輪に出場してもいいゲームができるとは思えない。世界選手権は、今のチームがどこまで通用するのか、個々の力が世界のどのレベルにあるのか、それを推し量ることができる、数少ない機会。3年後のことを考えれば、その舞台に立つことはとても貴重で、必要なことだと思うので、(世界選手権には)出場しないといけないですね」

 はたして本橋率いるLS北見は、北海道銀行の牙城を崩すことができるのか。平昌五輪出場をかけた熾烈な争いの火ぶたがいよいよ切られる。

竹田聡一郎●文 text by Takeda Soichiro