思いつきにもほどがある発明品たちを一挙に紹介

MTI3NjA1NTAxNTYyMjQzMDgy_0

コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)は大人がヘンなことをするための隠れ蓑だと言われる。今年の最新のガジェットをいくつか見てみると、それは100%正しい。一体どうやって思いついたんだ?と聞きたくなるような、型破りでアイディア勝負な発明品を見ていこう。

エレクトロニック・シューズ

MTI3NjA1NTAzNzA5NzI2NzMw

Rollkersのエレクトロニック・シューズは、見た目とは違い、スケート用に作られたのではない。これはウォーキング用の「アンダー・シューズ」だ。ベルトで靴を固定し、歩き出せば、時速約11キロまで加速して歩くことができる。ありがたいけれど…実際には遠慮しておこう。

ファット・ベルト

MTI3NjA1NTAyNjM1OTg0OTA2

そのものの名前で呼ぶことにしよう。スマート・ベルトは、あなたが太りつつあることを教えてくれる。ウエストが大きくなってきたらベルトを自動で緩めるモーターがついている。夕食を控えめにしたり、ジムに行くべきだというメッセージを伝えてくれるわけだ。誰が実際に使うかはわからないが―それも教えてくれるだろうか?

アイ・マッサージャー

MTI3NjA1NTAxNTYyMjQzMDgy

うむ。このBreoのアイ・マッサージャーは既に販売されており、45ドルで購入することが可能だ。これを使って、空気圧、バイブレーション、赤外線の温熱効果で目を癒そう。

ブリージング・チェアー

MTI3NjA1NTA2MTI1NjA1NTA3

ご覧あれ。これはInnovzenのO2CHAIRという製品で、リラックス効果があるとされている。鼻の下にこのチェーアの小さなデバイスを置くと、そこから酸素が出てくる。それを使って呼吸をすると、深い呼吸を促すためにチェアーが上下に動く。現在9500ドルで先行予約受付中だ。おわかりかと思うが、もっと有意義なことにその金を使うべきだろう。

不気味なロボット

MTI3NjA1NTA1MDUxODkwOTYy

東芝製のロボット、「地平アイこ」(ちひらあいこ)がお目見えだ。彼女は人間のようにコミュニケーションを取ることができる(歌ったり、手を振ったり!)。また、表情やうれしい、悲しいなどの感情を表すこともできる。子どものころの悪夢がまさに現実になった。

ヘンテコなエクササイズ・チェアー

MTI3NjA1NTUwNjg1OTMxNTMw

ご覧いただいているのはTaoのエクササイズ・チェアー。この製品の目玉は、体幹を鍛えるために押したり引いたり、体を使って動かすアームだ。CESでこれを試してみて、かなり扱いにくくバカバカしいということが分かった。改良品が出てくるまでは喜んでジム通いを続けることにしよう。

popsugar-partner-logo-small_0編集者注:この記事は ReadWrite のパートナーPopSugar Tech によって公開されたものです。

Lisette Mejia
[原文]