上限額倍増でチャンス&オススメも紹介! 全員必読のふるさと納税のすべてを伝授

写真拡大

「納税」という言葉に拒否反応を示す人もいるだろうが、ふるさと納税の正体は「寄付」。しかも年収や家族構成に応じて異なるものの、数万円を寄附しても2000円以外はすべて確定申告で取り戻すことができ、その上、松阪牛や宮崎マンゴーなどとても2000円では手にできないほどの特産品がもらえるというものだ。その仕組みとオススメ特産品を紹介しよう。

実質たった2000円の負担だけで
数万円分の特産品がもらえることも!

「控除が大きいから他の寄付よりオトクって言われても、結局お金を払うわけで、オトクじゃないよね?」

 おっしゃるとおり、それだけでは差し引きプラス=オトクにはならない。実は、ふるさと納税がブームになったのは、寄付された自治体が寄付者に対して、お米や肉、野菜や果物などその地域の特産品などを「お礼の品」として送付するようになり、それがグレードアップしたためだ。

 年収などによっては3万円をふるさと納税(寄付)すると、2万8000円が戻ってくる上に、数万円相当の「お礼品」がもらえることはざらだ。つまり、実質2000円の負担で、それ以上の金額の品物がゲットできるのだ。これがブームにならないわけがない。

 実際、ふるさと納税の規模は年々拡大している。制度が始まった09年の寄付者は約3万人、寄付総額は73億円だったのだが、14年には寄付者が約10万人と3倍増となり、寄附総額も130億円と約倍にまで増加した。お礼の品がもらえるということが広く知られるようになったためと考えられる。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)