いまインターネットには「代替ネット構築」が必要だ──Applied Mindsダニー・ヒリス

写真拡大

2014年、WWWが誕生して25年を迎えた年に、アメリカではエドワード・スノーデンがネット上のプライヴァシーを議論の俎上にあげた。そして2015年、インフラを担うインターネット事業者たちのありようが米FCCによって問い直されている。インターネットの先駆者ダニー・ヒリスが語る、「インターネットは誰のものか」「どう使われるべきなのか」。(『WIRED』VOL.14より転載)

「いまインターネットには「代替ネット構築」が必要だ──Applied Mindsダニー・ヒリス」の写真・リンク付きの記事はこちら

ダニー・ヒリス|DANNY HILLIS
Applied Minds共同創設者。発明家、科学者、作家、エンジニアと多彩な顔をもち、巨大なパラレル・スーパーコンピューターを開発したThinking Machinesの共同設立者としても知られている。既存のインターネットが“クラッシュ”する前に「プランB」を用意すべきと論じたTEDプレゼンテーションはこちらから。

関連記事:Mozilla会長が考える「これからのインターネット」

あなたは、ユタ州のルーター故障で米国中の民間機が数時間にわたり飛び立てなくなった際、滑走路で足止めを食ったうちのひとりだろうか。もしくは.govドメインに障害が発生した際、政府のウェブサイトにアクセスできずに不便を被ったことがあるだろうか。

ここ10年ほどで見られるこうした小さな事件の数々は、知りたくない真実が明らかになる前触れである。つまりインターネットは意外と脆い、ということだ。

2008年にパキスタン政府がネット検閲を行おうとしたときは、はからずも世界中からのYouTubeへのアクセスを遮断してしまった。2010年には、米軍施設間の通信を含むインターネット通信の大部分が数時間にわたって中国を経由してしまった。中国電信(チャイナ・テレコム)はもっともらしくこれを事故だと述べたが、同じようなシナリオを描いて故意に実行することは簡単だ。

インターネットが脆弱でも、YouTubeやメール機能に影響が出るだけなら単に不便を感じるだけだが、わたしたちの生活を支える経済や国家安全保障などのシステムにも使われているのだから、事は重大だ。すでに食品や燃料はネットを通して調達されているし、電話や電力供給システムなどもネット頼みになってきており、事故であれ意図的な攻撃であれ、ネットが遮断されるのは致命的だ。

インターネットがデザインされたのは何十年も前であり、現代社会が求める安全性や信頼性は備わっていない。技術的に解決することは可能だとしても、国際社会が連携して管理しており、いまのままがいいと望む国も多い以上、政治的に受け入れられないだろう。

だからこそいま、安全で信頼のおける第2のインターネットを構築すべきだ。既存のネットは速さとオープンさ、そして迅速なイノヴェイションに最適化されている。

一方、第2のインターネットはセキュリティと信頼性を重視する。既存のネットを代替するのではなく、同時に運用する。電力会社などの公共企業体、病院、航空管制、救急、銀行など、信頼性が重視されるトラフィックから導入し、そののちに、ほかの用途にも使えばいい。

第2のネットは、既存のネットを補うものなので、徐々に導入することができる。同じ回線を使い、既存のネットとは違うプロトコルを用いた接続方法をインターネット・サーヴィス・プロヴァイダーが提供すればいいだけだ。そのプロトコルには優先順位をつけておく。そして最小帯域幅の保証、パケットの出所についての厳格な認証、より統制的なネットワーク管理を兼ね備えたものにする。

こういった特徴は、帯域幅効率を落とし、イノヴェイションの速度を下げ、匿名性を排除するという代償のうえに成り立つが、オープン性よりもセキュリティを重視するデータ通信には望ましい。

関連記事:インターネットにはプランBが必要だ

TAG

Danny HillisEdward SnowdenFCCNSASave the NetVol.14WIRED US