小栗旬

写真拡大

6日放送の「ぴったんこカン・カン」(TBS系)で小栗旬が、吉田鋼太郎に真顔でツッコミを入れる一幕があった。

番組ではドラマ「ウロボロス この愛こそ、正義。」(TBS系)で共演中の、小栗旬と先輩俳優の吉田鋼太郎が、東京・西麻布の隠れた名店「龍」で鍋料理に舌鼓を打った。

小栗が司会の安住紳一郎アナウンサーに「(番組的には)どういう鋼太郎さんを知りたいですか? オレ結構、“鋼太郎”の引き出しはいっぱい持っている」と話すと、吉田はすぐさま「呼び捨てにすんなよ」とツッコミを入れた。安住紳一郎アナは大ウケしながら「親子漫才ですか!?」と、2人にツッコミを入れた。

小栗は21歳の時に初めて吉田と出会ったそう。当時、台詞が下手だったという小栗はの舞台の全体練習後に、吉田に稽古をつけてもらったという。

しかし、小栗はそれに留まらず吉田の家にまでついていき、教えを請うたそうで、吉田は「(小栗は)熱心なオトコだった」と回顧した。

その後、小栗は過去に宿泊先のホテルで吉田にイタズラを仕掛けたエピソードを披露した。吉田と部屋が隣同士だったという小栗は、入浴直前で全裸の吉田を廊下に誘い出して、小栗は部屋に入っり鍵をかけて、吉田を1人廊下に放置したという。

吉田はカメラ目線で「ほんとね、酷かったですよ…」と一言。「どうにもならないんだから」と当時を振り返った吉田だが「おじさん達とばっかり付き合っているとそういうスリルがない」「(小栗の)イタズラっぽいところは一緒にいると楽しい、刺激を受けますよね」と、懐の広さをみせた。

最後に安住アナは吉田に、30代を迎えて結婚し子を持つ親となった小栗に対してのコメントを求めると「お願いだから、奥さんと子どもだけは大事にして欲しいですね」と暖かい言葉をかけた。

すると小栗は、離婚歴がある吉田に「まあ、お前に言われたくねえけどな」と真顔で厳しいツッコミを入れ、笑いを誘った。

そんな小栗だが「こんなことばかり言ったって、(吉田は)いつも笑ってくれるんですよ。最高じゃないですか」と、吉田に敬意を払うコメントを残した。

【関連記事】
小栗旬が「アブナイ夜会」でプライベートを公開 妻・山田優の名前を呼ぶ場面も
岡田将生が藤原竜也との仲良しエピソードを語る「自宅で一緒に桃鉄」「台詞をトチるとこちらを見てくる」
小栗旬のプライベートを親友の吉田鋼太郎が語る「やんちゃですよね」