東京女子医大病院で発生した医療事故の過失を認定

ざっくり言うと

  • 東京女子医大病院で2014年2月、鎮静剤の大量投与後に男児が死亡した事故
  • 事故調査委員会は、副作用症が直接の死因とする報告書を同病院に提出した
  • 副作用を誘引した要因に関し、「鎮静剤の長時間・大量投与」と指摘している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング