写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●男女比率は半々か、女性が少し多いくらい1月31日、2月1日の2日にわたって、千葉県・幕張メッセで開催されたゲーム大会とゲーム実況の祭典「闘会議2015」。ドワンゴが仕掛ける新たなイベントで、いったい何が起きていたのか。当日の模様を写真と共にレポートしていこう。

その前に、闘会議について簡単に解説する。ニコニコ動画には数多くのゲーム系の動画が投稿されており、数あるカテゴリの中でも特に人気のあるジャンルとして知られている。ただし、ゲームといっても、その内容はさまざまだ。ゲームを喋りながらプレイする様子を流す「ゲーム実況動画」や、ツールを使って人間を超えたタイムアタックを披露する「TAS」動画。さらにゲーム内の画面や音楽を組み合わせてPV風に仕立てあげる「MAD」動画など、一口にゲームカテゴリといっても、その内容は多岐にわたる。

闘会議は、そんなゲームカテゴリから、「ゲーム実況」と「ゲーム大会」をテーマに開催するイベントである。毎年開催されている「ニコニコ超会議」はニコニコ動画全体を再現するイベントだが、そこからゲームエリアだけをピックアップして発展させたイベントと考えればわかりやすい。

特徴は、ユーザー自身が参加するコンテンツがメインになっていること。いわゆる「見本市」ではなく、テーマパークのような体験・参加型イベントなのだ。

初日、ホールに足を踏み入れて驚かされたのは、ユーザー層の多様さだった。友だちと一緒にはしゃぐ小学生グループもいれば、お目当ての実況者のトークを楽しげに聞いている大学生カップルもいる。親子でゲームを楽しむファミリーもいれば、一人で黙々と展示物を見て回る大人もいる。男女比率は半々か、もしかすると女性が少し多いくらいかもしれない。同じくゲームのビッグイベントである「東京ゲームショウ」に比べると明らかに女性の姿が目立つが、これは男性のゲーム実況者がアイドル的な人気を博しているからだという。

そんなゲーム実況者が集うエリア「ゲーム実況ストリート」、および「ゲーム実況ステージ」は、いつ行っても観客で一杯になっていた。普段はネットを介して声を聞くしかできない憧れの実況者にリアルで会える場とあって、ファンが駆けつけたのだろう。用意されたゲームは『スーパーマリオ64』や『マインクラフト』、『ウルトラストリートファイターIV』など、ニコニコ動画の実況プレイではおなじみの作品ばかり。面白いのは、必ずしも新作である必要がないこと。たとえば『スーパーマリオ64』などはすでに20年近く前の作品だが、今でも実況プレイでは定番のソフトである(もちろん、もっと古い作品も人気がある)。

ゲームイベントといえば、つい最新のゲームばかりが並んでいる状況を想像しがちだが、今回の闘会議の重要なキーワードは「ゲームならなんでもあり」である。それを象徴するのが、「アナログゲームエリア」だ。ここでは「ワンナイト人狼」や「カルカソンヌ」、さらにポーカーや麻雀、将棋(たしかにこれらもゲームといえばゲームだ)が行われており、テーブルは常に一杯になっていた。遊んでいるユーザーも老若男女問わず多様な顔ぶれだったのが印象的だ。このあたりは、ニコニコ動画の「なんでもあり」な空気につながる部分だろう。

さらに、ゲームそのものの歴史を伝えるような展示ブースも目を引いた。SCEブースでは歴代プレイステーションとそのソフトが展示され、レトロゲームエリアには「ゲーム歴史年表」なるボードが掲示。任天堂設立から現在に至るまでのゲームの発展の歴史がまとめられていた。

面白い試みだと感じたのは、ボードの下に付箋とペンが用意されており、「俺歴史」を書き込んでボードに追加できること。好きなゲームが発売された年に「今でもやってる!」と書き込んだり、自分の生年を見つけて「俺、生まれる」と書き込んだり、それぞれが自由に年表に参加して楽しんでいた。単なる展示であっても、こうしてユーザーを参加させるアイデアはニコニコ的だ。

そしてこのレトロゲームエリア、年表を見るだけでなく、実際にレトロゲームをプレイできるのだ。大人が懐かしんでプレイする姿も見受けられたが、面白いのは子どもたちが大勢プレイしていたこと。子どもはレトロゲームにはあまり興味を示さないのかと思っていたが、そんなことはなかったようだ。たしかに昔のゲームも、ニコ動ではバリバリの現役だったりするし。

年表といえば、「自作ゲームエリア」も見逃せない。往年の名作ゲームから、今人気のゲームまで、自作ゲームの歴史を15mもの巨大なボードで設置。さらに、『平安京エイリアン』や『ドアドア』『コープスパーティー』『ひぐらしのなく頃に』といった、歴史的に重要なタイトルを実際に体験することもできたのだ。

●見ていて本当に楽しかった「リアルゲームエリア」のサッカーゲームまた、東方Projectの製作者として知られるZUN氏が登場し、ゲーム制作に関するアドバイスを行う相談所を設置。自らの作品を持ち込み、ZUN氏にアドバイスをもらうゲーム制作者の姿もあった。

ユーザー参加型で面白かったのは、「リアルゲームエリア」のサッカーゲーム。なんと、実際のサッカーよろしく11人チームを2つ用意して向き合わせ、その状態でサッカーゲーム『FIFA 15』をプレイするというのだ。

リアルなサッカーと同じようにユニフォームを着て、それぞれのポジションに座るのだけど、やることはといえばサッカーゲームである。非常にシュールな光景だが、それが面白い。サッカーゲームは一人で11人全員を動かすのが普通だが、今回は一人が一人の選手を操作するから、思わぬプレイが飛び出したりしてハラハラするのだ。まさにリアルサッカーとゲームの良い所取りである。

しかも、ゲームの解説には西岡明彦氏、小島伸幸氏、野村明弘氏、水内猛氏といった本物の実況解説陣が登場。なんて贅沢な時間なのか。開催前に企画概要を耳にしたときは頭の中が「?」でいっぱいになったが、この企画は見ていて本当に楽しかった。ぜひ次回もやってほしい。

「ニコニコ超会議」で人気だった「まるなげひろば」は闘会議でも設置。その名の通り、ユーザーに運営や企画を丸投げするエリアで、今回は様々な展示や等身大人生ゲームなどのユニークな企画で盛り上がっていた。

こうしたユーザー参加型エリアに加えて、スポンサー企業が出展するステージも盛り上がりを見せていた。任天堂は「任天道場」なるブースを用意し、ユーザーが道場主に挑戦するという企画を実施。その他、ユーザーが自由に落書きできる壁や闘会議式神経衰弱、任天堂クイズなどが開催された。

ガンホーやLINE、mixi、コロプラなどは、大ヒット中のスマホゲームに関するステージイベントや体験コーナーを実施。特にガンホーはスーパーマリオとパズドラがコラボしたソフトの体験コーナーを設けており、注目を集めていた。

まだまだたくさんのエリアが用意されていたが、残りは写真で振り返っていこう。

初日の終了前には、来年の闘会議開催決定を知らせる垂れ幕が掲げられた。闘会議2016は来年の1月30日、31日に幕張メッセにて会場を拡大し開催されるという。ニコニコ動画、そして超会議から飛び出した新たなゲームイベント「闘会議」。果たしてどこまで大きくなっていくのだろうか。

(山田井ユウキ)