「ヘアスタイルチェンジ」の様子

写真拡大

北海道の雪の祭典「第66回さっぽろ雪まつり」が2015年2月5日から札幌市で始まった。映画「スター・ウォーズ」シリーズのダース・ベイダーや、ボーカロイド・初音ミク、アニメ「ラブライブ!」などの人気キャラクターの巨大な雪像が展示され、観光客らで賑わっている。

盛り上がっているのは外に設置された巨大雪像だけではない。室内でも熱気のあるイベントが繰り広げられていた。大通西8丁目「雪のHTB広場」にある「マールボロ」の喫煙スペースは、外側から見ると普通の建物だが、中に入ると雰囲気が一変するのだ。

ステージ上で「ヘアスタイルチェンジ」

「未来の選択肢に、MAYBEはない」――。喫煙ブース内に設置されたステージ上で、こんなメッセージの書かれたカードを手にした女性の髪が、ヘアスタイリストによってどんどん切り落とされていた。アップテンポな音楽をバックに威勢のいいマイクパフォーマンスが行われ、周囲の喫煙者がタバコを片手に熱い視線を注ぐ中、ものの十数分のうちにヘアスタイルが大きく変わった。女性は「普段はできない髪型にしてもらえて最高です!」と興奮気味に話した。

実はこの「ヘアスタイルチェンジ」のアクティビティで、体験者は切り方のオーダーはできないという。マールボロのブランドメッセージ「決断こそが、人生を切り開いてゆく。」に共感して、「決断」した人だけがヘアスタイリストにカットしてもらえる。体験を希望する人の行列ができ、中には豪快に髪を刈り上げられた男性もいた。

また、メンソールたばこ「マールボロ フュージョン ブラスト」のイメージビジュアルのように撮影した写真がもらえる「フュージョンフォト」コーナーも。床に敷かれた青とオレンジの色のマットにダイブした瞬間を、天井に設置されたカメラが撮影。その場で「メンソールの常識をブッつぶせ!」の文字などをソフトで合成し、まるでモデルになったみたいな写真ができあがる。

この青とオレンジの色は、同製品のフィルター部分に入った2つのカプセルをイメージしているらしい。実際にタバコを見てみると、それぞれのカプセルが入っているところに青とオレンジのカプセルが描かれている。オレンジの「ミックスボール」を潰すとエキゾチックな香りが、青の「アイスボール」を潰すとメンソールが加わる。サンプリングコーナーで体験している男性に話しを聞くと、「香水のような華やかなにおいで、こんなたばこは初めて。メンソールが入っていて気分転換になるし、香りが甘すぎないのが良い」と言っていた。ダブルカプセルで、まさに"エキゾチックフレッシュ"な新感覚のテイストが楽しめるのが魅力的だ。

ほかにもブース内では、マールボロのオリジナルTシャツをプレゼントするなどのキャンペーンを実施している。雪まつりならで体験として、一般客は通常入れない実物大「春日大社の中門」のステージで記念撮影する権利が、スクラッチくじで抽選で2人にあたるというものもあった。