緊急特集「よみがえれ! 日本サッカー」(1)
7人の識者が指摘する「日本代表の問題」

 昨年のブラジルW杯惨敗が鮮明な記憶として残る中、日本代表は新たな指揮官としてハビエル・アギーレ監督を迎えた。しかし、連覇が期待されたアジアカップで、日本はあえなく準々決勝で敗退した。

 Jリーグ開幕(1993年)から20年あまり、急速に進歩し続けてきた日本サッカーだが、今や完全に頭打ちの状態にあり、明らかに下降線をたどっている。結局、さまざまな問題を抱えながらも、そこから目を背(そむ)けてきたツケが、こうした危機的な状況を招いてしまったことは間違いない。

 しかし、考え方を変えれば、落ちるところまで落ちてしまった今こそ、日本代表、そして日本サッカーが抱える問題点を浮き彫りにして、徹底的に討論を重ね、検証していくことが大事なのではないだろうか。そのうえで、日本代表、さらには日本サッカー界が、再び上昇していくための方策なり、指針というものを導き出していくべきだと考える。

 そんな中で、日本サッカー協会(以下、協会)は、アギーレ監督との契約を解除した。日本代表は現在、まさにニュートラルな状態にあり、物事を整理し、立て直しを図るには絶好の機会を得たと言える。

 協会は、このチャンスを逃してはならない。

 当然、我々メディアもこれからは、日本代表、日本サッカー界の課題や不安要素をきちんとあぶり出し、緻密な検証を重ねながら、よりよい方向性を、協会に対してはもちろんのこと、世間にも訴えていかなければいけない。そして、日本代表の成長と、日本サッカー界の発展のために、真摯にサポートしていくべきだろう。

 そこで、まず7人の識者に話をうかがって、アジアカップで露呈した日本代表の問題点や、日本サッカー界が抱える不安要素などを挙げてもらった。

 その中で、アギーレジャパンの戦いぶりを前向きにとらえていた解説者の望月重良氏の見解を先に紹介しよう。同氏は、アジアカップにおける日本代表には特筆すべき問題はなかった、と言う。

■望月重良氏(SC相模原代表/元名古屋グランパスなど)

「賛否あると思いますが、アギーレ監督からは強い"リーダーシップ"が感じられ、彼は自分のサッカー哲学というものもしっかりと持っていた。そして、どんな選手にも気を使うことなく、自らのスタイルに選手たちを落とし込んでいた。選手頼みにならないやり方には、とても好感が持てた。このまま行けばすごくいい方向に進んでいくのではないか、という期待があった。

 確かに決定力という面で問題はあったかもしれないけど、そこはもう少しチーム作りが進んでいけば、解決できる部分。それよりも、アジアカップにおける試合内容は決して悪くなかった。前回優勝したときと比べても、内容は明らかによかった。そこを評価すべき。チームとしてのコンセプトがあって、どの試合でもイニシアチブは日本が握っていた。結果だけが悪い方向にいってしまったが、日本はいい戦いをしていたし、特に大きな問題は見られなかったと思う」

 望月氏に限らず、他にもアギーレ監督率いる日本代表を評価する識者はいた。しかし、まさかの準々決勝敗退という結果から、いろいろな課題が露わになったことは、誰もが認める。

 ここからは、今の日本代表が抱える問題点をしっかりと見極めていきたい。識者全員が問題点に挙げたのは、「決定力不足」だった。

■木村和司氏(解説者/元横浜F・マリノス監督)

「今の日本代表が抱える一番の問題は、アジアカップ準々決勝のUAE戦(1−1/PK4−5)に象徴される、"決定力のなさ""シュートの正確性の低さ"に尽きる。35本のシュートを放ちながら、わずか1点しか挙げられないなんて、世界的に見ても、例がないのではないか。

 決定力を高めるためには、フィニッシュはもちろんのこと、その前のラストパスやクロスの精度も高めていかなければいけない。そして"ボールの受け手と出し手の関係"というものを、より密にしていかなければいけないだろう。今の代表は、たまたま点が取れているだけで、どこにボールが欲しいとか、どこに走ってほしいとか、受け手と出し手の要求や意図がまったく伝わってこない。ゆえに、どこを狙って、どこで点をとるのか、という狙いも見えない。それこそ、サッカーでは最も大事なところで、その部分を選手も、そして監督も、より追求していかなければいけない」

 点が取れないことは、ブラジルW杯で示された世界の潮流に乗り遅れたことが問題だった、と指摘する声もある。

■鈴木良平氏(解説者/元ビーレフェルトコーチ、日本女子代表監督など)

「昨年のブラジルW杯で、球際に強く、素早いカウンターや前線のプレッシングからのショートカウンターができないと世界では勝てない、ということが証明された。そうした状況の中で、日本は球際で弱く、カウンターもできなかった。最も戦えていなかったチームで、だから惨敗した。にもかかわらず、ブラジルW杯における、協会の反省なり、検証が余りにも足りな過ぎた。

 おかげで、アジアカップでも日本のサッカーからは何ら進歩が見られなかった。カウンターで点を取らないと厳しい時代であることがわかっているはずなのに、それができていなかった。相変わらず、長い時間ボールを持っていたけれども、素早い攻撃で相手をズタズタに崩すシーンは見られなかったし、可能性のあるシュートも少なかった。

 相手が引いた状態にあっても、それを崩すための方法論はいくらでもある。例えば、今ではバイエルン・ミュンヘンがそういう相手をどう崩すのか、という見本をいろいろと見せてくれている。そこでも、カウンターの重要性は示されている。そのうえで、個の仕掛けであったり、ワンツーであったり、ロングボールを駆使したり、さまざまな変化をつけた攻撃を実践している。ただ後ろでボールを回しているだけではない、ということははっきりしている。その違いに、日本は早く気づかなければいけないし、それができなければ、いつまで経っても点は取れない」

 決定力のなさ、大事なところで点が取れないのは、4大会連続でU−20W杯出場を逃すなど、年代別代表の各カテゴリーで、世界を経験していない選手が多くなっていることが影響しているのではないか、という意見もあった。

■川本治氏(解説者/元古河電工監督、ジェフユナイテッド市原強化部長など)

「アジアカップではUAE戦に限らず、他の試合でも、たくさんのチャンスがありながらゴールを決め切れない場面が目立った。そこはもう、日本人選手のクオリティーの問題。すべてとは言わないけど、それは下のカテゴリー、U−17とか、U−20などで世界大会出場を逃して、世界での厳しい戦いを経験していない選手が増えていることも、少なからず影響しているような気がする。

 振り返れば、1990年代後半から2000年代にかけて日本代表が強くなっていったときは、中田英寿や松田直樹、小野伸二や高原直泰など、U−17W杯、U−20W杯などを経験してきた選手がA代表に入って、それで結果を出してきた、という流れがあったと思う。しかし今の代表メンバーで、U−17、U−20、さらに五輪と、すべてのカテゴリーで世界を経験している選手はいない。それが、A代表の弱体化につながっている可能性はある。

 そういう意味では、日本は今一度、下のカテゴリーの強化を高める必要がある。そして、そのカテゴリーにこそ、国際経験豊富な優秀な指導者を招聘してもいい。それが、選手だけでなく、日本の指導者の育成にもつながっていくのではないだろうか」

 川本氏が指摘する「若年層の強化」については、「決定力不足」に続いて問題視する声が多かった。

福田正博氏(解説者/元浦和レッズコーチ、元日本代表)

「アジアカップ敗退後、何人かの選手が言っていましたが、日本代表が強くなるためには、チームが活性化していかなければいけない。それには、若い選手が代表メンバーに選出されて、主力メンバーを突き上げなければいけないが、現状そういう選手が少ない。それが今回のアジアカップでよりクローズアップされた問題だったと思う。今の主力メンバーを脅かすような存在が、20代前半の選手たちからもっと出てこなければ、(日本代表は)今後も変わらないし、より厳しい状況に追い込まれてしまう。協会も含めて、サッカー界全体が、危機感を一層持たなければいけないと思う」

 福田氏はまた、代表の強化においては、日本代表の"チーム"としての経験値を上げることも重要だと語る。

「多くの選手が欧州でプレイするようになって、選手個人の国際経験は上がっているが、日本代表の"チーム"としての経験値はまったく上がっていない。W杯に出場すれば、いろいろなタイプの国と試合をしなければいけないわけで、日本代表の強化を真剣に考えるならば、チームとしての経験値を高めなければいけないと思う。そのためには、強化試合や親善試合などは、日本ではなく、欧州で行なうべきだろう。そうすれば、代表チームの国際経験は間違いなく増すし、対戦する相手のコンディションもいいから、チーム強化にも最適。実際、代表メンバーも欧州でプレイしている選手が多いので、わざわざ日本に帰ってくる必要もない。本当に世界で勝とうとするならば、そこまで踏み込んだ強化をすべき。今やそういう時代になってきたと思うし、具体的な強化策を考えていかなければ、世界との差がどんどん広がってしまう」

「決定力不足」「若年層強化」に限らず、日本代表の課題はまだまだある。

■鈴木正治氏(解説者/元横浜マリノス、名古屋グランパスなど)

「W杯で本気で結果を求めるならば、最終ライン、特にセンターバックの強化は不可欠。今の代表でレギュラーを務める森重真人も、吉田麻也も、日本人選手の中ではトップクラスだと思うけれども、世界を相手にした場合は心許ない。アジアカップのUAE戦でも、簡単に背後を取られていた。その対応力を見ると世界との差を感じてしまう。

 中盤から前の選手はいい選手が出てきているが、これからは本腰を入れてセンターバックの育成を考えたほうがいい。日本では、小学生の頃はセンターFWとか前目のポジションをやっていた選手が、年を重ねるに連れてDFになっていくことが多いけれども、早いうちからセンターバックとして優秀な選手を育てることが今後は必要。最終ラインの砦(とりで)、攻守の起点となるセンターバックにこそ、一番能力の高い選手を置くことが世界に近づくための重要な要素だと感じる」

■平野孝氏(解説者/元日本代表、名古屋グランパスなど)

「決定力を高めるのはもちろん、引いた相手に対する攻撃パターンの確立などは、アジアカップを改めて見つめ直して、これから取り組んでいかなければいけないこと。それらについては、選手たちも十分に認識していると思う。同様に、短期決戦におけるコンディション作りについても、選手、スタッフともに、より細やかに調整していかなければいけない、ということもよくわかったと思う。

 あと、今後の反省点になったのは、コンディションが悪い時のサッカーのやり方や、選手個々のプレイ。例えば、準々決勝のUAE戦では、自分たちがイメージしているサッカーやプレイは頭の中にあっても、連戦の疲れからか、それに体がついていけていなかった。どうしても体が重たいから、一歩、二歩、個々の反応が遅れて、それが組織的なズレを生み出していた。そうして、相手ボールホルダーに対するプレッシャーも、最終ラインの裏に抜け出した選手のケアも疎(おろそ)かになり、すべてが後手に回って、何度かチャンスを作られ、失点まで食らってしまった。

 コンディションが悪いことは、試合前のウォーミングアップの時点で選手はわかるはず。その場合、選手同士で話し合って、自分たちのコンディションに応じた戦い方に変えていかなければいけない。そういうゲームのコーディネーションというか、自分の体の状況をうまく把握しながら、90分間戦う術を身につけることも必要。W杯を勝ち進んでいけば、そういう状況が必ず訪れるので、なおさら重要なことだと思う」

 今回は、識者の方々に今の日本代表、そして日本サッカーが抱える問題について、いくつも指摘してもらった。次回は、最大の問題点とされる「決定力不足」について、より深く検証していきたい。

text by Sportiva