恋に効く!?ハート型ハンバーグ

写真拡大 (全4枚)

 日本ハンバーグ協会は、今年のバレンタインに向けて『恋に効く!?ハンバーグレシピ』を、ハンバーグ研究家の榎本稔氏とともに考案した。

 同協会の調査によると、本命の彼女と過ごす理想的なバレンタインは「自宅でのんびり」(73.1%)、「自宅で手作りの食事」(49.5%)など、「自宅」で「手料理」が多いことが明らかになった。更に、愛情を感じる恋人の手料理を聞いたところ、「肉じゃが」や「カレー」を抜いて「ハンバーグ」(40.0%)が1位となっている。

 同協会が榎本氏と考案した恋に効く!?ハンバーグレシピは、ハンバーグを食べることで更に愛情を感じてもらうために、フェニルエチルアミンを多く含む食材を使用。フェニルエチルアミンには、満足感や高揚感を与え、恋愛中に分泌されやすいといわれる脳内物質で、チーズやチョコレート、赤ワインなどに多く含まれている。なお、レシピは同協会公式サイトに掲載されている。