左から大竹しのぶ、宮沢りえ

写真拡大

6月6日に東京・新宿ピカデリーほか全国で公開される野田洋次郎(RADWIMPS)の主演映画『トイレのピエタ』の追加キャストが発表された。

【もっと写真を見る】

今回出演が明らかになったのは、共にRADWIMPSのファンだったという大竹しのぶと宮沢りえ。大竹は野田が演じる余命3か月を宣告された主人公・宏の母親役、宮沢は宏に懐く入院中の少年の母親役をそれぞれ演じる。なお、大竹と宮沢が映画で共演するのは今回が初めてとのこと。

『トイレのピエタ』は、手塚治虫が死の直前まで病床で綴っていたという日記にインスピレーションを受けて制作された作品。美大を卒業し、窓拭きのアルバイトで生計を立てて生活している宏が余命3か月を宣告され、女子高生・真衣との出会いをきっかけに生きる喜びを見出していく姿や、彼女に翻弄されながらも惹かれていく様を描く。主演の野田に加え、真衣役の杉咲花、宏の入院仲間で女好きの横田役のリリー・フランキー、宏の元恋人・尾崎役の市川紗椰や、MEGUMI、岩松了、古舘寛治、森下能幸、澤田陸がキャストに名を連ねている。

■大竹しのぶのコメント
もともと私がRADWIMPSの大ファンだったことが始まりで、共演させて頂くことになりました。Liveを観に行って野田さんとお話をする様になり、私の芝居を観に来て下さる様になり、食事をする様になり、お友達になってしまいました。洋次郎さんが映画を演るということを前から聞いていたので、絶対何でもいいから出るねと約束してしまいました。実際、ロケ先のメイクルームで逢ったのが不思議でした。これから二人で親子になるなんて...!洋次郎さんの芝居は本当に自然で美しかった。一緒の画面にいられて幸せでした。大河ドラマで共演したのがきっかけで仲良くなった(宮沢)りえちゃんにその時一緒だった水川あさみちゃんと私でラッドの素晴らしさを伝えていたのがきっかけで聴くようになったようで嬉しいです。

■宮沢りえのコメント
心を揺さぶられる大好きなアーティストの野田さんと、作品を通して物作りをすることにとても興味があったから出演させて頂きました。野田さんとの共演は、余計なものを付着させず、とてもシンプルにその役を生きるということに徹していることに感動しました。