浪費家あるある! 女子に聞いた「金遣いが荒い人」の特徴

写真拡大

毎月の限られたお給料の中で生活費におしゃれに貯金にと20代女子のやりくりは大変! スマートにお金の遣い方をしたいですが、中には金遣いが荒い人も……。働く女子にお金遣いが荒いと思う人の特徴を聞いてみました!

■コンビニや外食

・「コンビニで買い食いが多い人」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「仕事の時はお弁当じゃなく、外食をしていて、飲み物も常にコンビニで買う人」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「すぐにコンビニに寄る人。コンビニでお釣りをもらって小銭があるのが面倒だからと、募金箱に全投入した友人を見て荒いなと思った」(26歳/金融・証券/専門職)

・「コンビニで何でも買う」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

新商品のチェックなどついつい寄ってしまうコンビニ。スーパーで買えば安上がりの物が多く割高になってしまうので金遣いが荒い印象を与えてしまうようです。

■はやりもの大好き

・「ブランド好きな人」(26歳/食品・飲料/技術職)

・「はやりの物を持っていないと落ち着かない人。雑誌に載っていたコスメや服を自慢げに持っている人」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「海外旅行が多い・ブランド物の買い物が多いなど」(23歳/金融・証券/営業職)

・「服やバックを買いまくる」(27歳/生保・損保/専門職)

常におしゃれをしたいお年頃ですが、洋服やアクセサリーなど身のまわりの物をとっかえひっかえしている人はどうしても金遣いが荒いと思われがち。

■クレジットカード多様など出費に無頓着

・「カード払いを多用している人」(26歳/学校・教育関連/その他)

・「クレジットカードを財布代わりにしている。ひとごとながらに大丈夫かと心配になる」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ほしい物や食べたいもの、行きたい場所、やりたいこと、どれも我慢できなくて、収入として入った分全て使ってしまい、クレジットカード操業をしている」(26歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

ポイントが貯まるクレジットカードも多く、賢く使えばお得ですが使いすぎには注意が必要です。

■欲望のおもむくままに……

・「月々の給料の使い道を考えずに、行き当たりばったりで使ってしまう」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ほしいと思ったものは熟考せずすぐ買う」(25歳/不動産/事務系専門職)

・「買い物でストレス発散している。値段を見ずにものを買う」(25歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「ほしいと思ったものを値段を考えずに買うこと。雑誌で見かけたものを、似たような安いものではなく、同じものを手に入れる」(24歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)

・「お金がないといいつつ買い物に我慢ができない、飲み会大好き」(27歳/印刷・紙パルプ/営業職)

予算なども決めずに自分の欲望のままに使ってしまうのは危険ですね……。

このほかギャンブルや喫煙をする人についてもお金遣いが荒いイメージが定着してしまっているよう。予算や目的を持った大人なお金の使い方をマスターして素敵な女性に成長できるといいですね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数125件(22歳〜29歳、未婚の働く女性)