4日放送の「極楽加藤のお節介な旅」(TBS系)で、歌手の岩崎宏美がコロッケのモノマネのイメージを払拭するために歌い方を変えていた過去を明かした。

加藤浩次に連れ出されたコロッケは、35年間許可を得ずにモノマネをしているという岩崎のいるレコード会社へ謝罪に向かった。

コロッケと対面した岩崎は、コロッケの酷い顔マネに対して「あんなにアゴ出てないし」と訴えると、必要以上にアゴを引いて歌うようになったのだと明かした。

そして、レコード会社から場所を変え、食事に向かった3人は、食事先で当時の数々のエピソードを回顧した。

岩崎はコンサートで「シンデレラハネムーン」のイントロで笑われるようになったと語り、「あ!これコロッケのせいだな」と思った岩崎はシンデレラハネムーンを封印していた時期があったと明かした。

また岩崎は、コロッケが経営していた六本木の店の看板を岩崎と野口五郎が壊したという根も葉もない噂を立てられたことに触れると「もし頭にきて看板を壊したいと思っても他人(ひと)を使うでしょ」と語り笑いを誘った。

最後に、コロッケは岩崎に謝罪し「これからもやらさせていただきます」と深々と頭を下げると、岩崎はコロッケは若い方達にモノマネという形で「岩崎宏美という名前をつなげて下さったんですよ。私はそこは凄く感謝しています」「頑張って欲しいと思います」とコロッケにエールを送った。

【関連記事】
北斗晶がお笑い芸人・エハラマサヒロのモノマネ「コストコ行って来い!」を公認
整形手術、錠剤の服用…マイコーりょう、マイケル・ジャクソンになりきるための凄まじい生活を公開
日本エレキテル連合の2人がモデルの菜々緒に嫉妬していることを告白