iPhoneがどれほど便利で高機能なスマートフォンだったとしても、電波の接続が悪いと全く役に立ちません

接続が悪いとネットサーフィンもスムーズにできず、動画や音楽の視聴も時間がかかるばかりで、かえってストレスが溜まってしまうというものです。

以前【こちらの記事】でWi-Fi接続を簡単にする方法を紹介しましたが、今回はそのネット接続そのものが上手くいかない時に試したい2つの方法を紹介します。

どちらも誰でもすぐにできる簡単な方法ですので、電波が悪くて上手くネットができない時に試してみましょう。

 

■機内モードのオンとオフを繰り返す

 

iPhoneの機内モードを一度オンにして、電波の接続を停止。その後に今度は機内モードをオフにすることで、電波が改善される可能性があります。

やり方は、まずiPhoneを下から上にスワイプして、コントロールセンターを出します。次に、飛行機のアイコン【✈】を連続でタップし、機内モードのオンとオフを繰り返しますマナーモードのオンとオフを繰り返す

 

機内モードをオンにし、一度ネット接続を停止してから、再度機内モードをオフにしてネット接続をやり直すことで、悪かった電波状況が良くなる可能性があります。

 

ただし、この方法でも改善されない場合は、次の方法も試してみましょう。

 

■LTE通信から3G回線に切り替える

 

特に何の設定もしていない場合、iPhoneは4GのLTEの電波から優先的に接続しようとします。そのため、LTEの電波が悪いと、中々ネットに接続しにくくなるというアクシデントに見舞われてしまいます。

4Gの電波が悪いのならば、もう一つの電波として3Gを試してみましょう。たとえ4Gの接続が悪くても、3Gの電波が良好であれば、切り替えることでネットサーフィンも楽々できるようになります。

4Gから3Gに切り替えるためには、まず【設定】をタップします。設定タップ

次に、【モバイルデータ通信】をタップします。モバイルデータ通信をタップ

最後に【4Gをオンにする】をタップして、オフの状態にします。4Gをオンにするをタップしてオフにする

電波の悪さというのは、その時々の一過性のものであることが多いです。そのため、ネットの接続が悪い時は4Gの電波に拘らず、別の電波を試してみましょう。他の電波を試すことで、いつでも快適な状態でネットができるようになります。