肉厚なKFCのハンバーグサンド

写真拡大 (全2枚)

 品質問題に端を発し、売り上げの落ち込みが止まらない大手ハンバーガーチェーンのマクドナルド。

 そんな“マック離れ”の顧客を取り込もうとしているのか。2月5日、ケンタッキー・フライド・チキン(日本KFC)が『ビストロ風ハンバーグサンド』(単品490円)を発売して話題を呼んでいる。長年、チキン商品が主力のケンタッキーが初めて挑むハンバーガーだけに、発売前から味に対する期待が高まっていたのだ。

 改めて日本KFCの広報室に「なぜ今ハンバーガーなのか?」を聞いたところ、担当者から予想外の答えが返ってきた。

「まず、今回の商品は“ハンバーガー”という概念はなく、レストランで出てくるワンプレートのハンバーグをパンでサンドするイメージで開発しました。

 そのため、肉厚のハンバーグにマッシュルームを隠し味にしたデミグラスソース、それにマッシュポテトにチーズを合わせたアリゴ風ソースも加え、いわば『付け合わせ』的な味も一緒に出せるようにこだわっています」

 おしゃれなカフェやレストランを想起させる「ビストロ風」と銘打っているのは、薄い肉が挟まれた既存のハンバーガーとの違いを明確にしたいという同社の自信が感じられた。さらに、広報担当者はこう続ける。

「当社はこれまでもフィッシュやエビなどチキン以外のサンドメニューを出してきましたし、今回のハンバーグサンドも開発期間に1年半〜2年を要しています。あくまでも様々なメニュー拡充を考えるキャンペーンの一環で、昨今の他社状況を意識したものではありません」

 確かにハンバーグサンドはKFC全1163店中、ハンバーグを焼くスチームオーブンレンジが設置してある849店での店舗限定で、予定の商品数量がなくなり次第販売を終了するという。今後レギュラーメニューに加えるかどうかも、「今のところ考えていない」(広報)という。

 では、肝心の味の評価はどうか。

 同社のHPでは有名フレンチシェフの岸田周三氏(「カンテサンス」オーナーシェフ)が、<肉の塊にかぶりついているという印象>と絶賛しているが、当サイトではバーガー研究家の肩書きも持つフードコンサルタントの白根智彦氏に食べてもらった。

「私も完成度は高いと思いました。肉厚のハンバーグがゴマのかかった全粒粉のパンに挟まれて見た目も高級感があります。また、味はアリゴソースが主張し過ぎず、セットのチキンと組み合わせてもしつこい感じはしませんでした」(白根氏)

 ただ、白根氏が唯一マイナス点に挙げたのが価格だ。「単品で食べるには物足りない大きさで490円は少し高い印象を受けた」と話す。

 もともとケンタッキーは国産チキンに代表されるように、素材や調理法にこだわり、「プレミアム感」を売りにしてきた。しかし、いくら高額商品に対するニーズが高まっている時代とはいえ、依然、コストパフォーマンスの高い身近な食べ物に飛びつく消費者も多い。

「今やケンタッキーのライバルはハンバーガーチェーンのみならず、コンビニでも品質を高めたチキンやコーヒーが低価格で味わえる。業態の垣根を越えたメニューの相互乗り入れが一層激しくなっています。

 特別な日にケンタッキーのチキンを御馳走として食べるシチュエーションも次第に薄れている中、固定ファンだけでなく新たな消費者を呼び込むための選択肢をどこまで広げられるか。ハンバーグサンドの発売はその試金石になるでしょう」(白根氏)

 近年、持ち帰り専門店(鶏から亭)や、コーヒー、デザートメニューを充実させたカフェ形態の新業態にもチャレンジしているケンタッキー。チキンだけに頼らない「ブランドの再構築」が生き残りのカギを握っているということか。